ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Seiho 「ど派手な服装を外国人からよく写真を撮られる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの月曜−木曜11時30分からの番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。6月28日(火)のオンエアには、電子音楽シーンをリードするアーティスト、Seihoさんが遊びに来てくれました。

Seihoさんが登場して、まずサッシャが驚いたのはそのど派手なファッション。

サッシャ:ど派手ですね!

Seiho:今日はシックな方ですよ(笑)。こういう格好でいると、新幹線の中で外国の方に「写真撮っていいですか」と言われるんですよ。

サッシャ:今日は大阪からこの格好で来たんですか?

Seiho:そうです。でも、今日はマシな方です(笑)。普段はもっと…ギリギリの短パンとか、ヘソ出しとか。あと、黒い服よりは柄が入っていたり、色がたくさん使われている服の方が良いと思ってて(笑)。

意外なこだわりが判明したところで、世界でリリースされたニューアルバム「Collapse」の話になりました。リリースしたタイミングでアメリカのサウス・バイ・サウスウエトに行っていたので、SNSではアメリカからの反響が大きかったそうです。中には意外な反響もあったようで「インドのかわいい男の子からの反響があったんです」とも。

そのアルバムにはSeihoさんらしいこだわりがあるようで…。

Seiho:(いつもと違うのは)今回のアルバムは、フィールドレコーディングとか生音を結構入れているんです。でも細工があって、実際に録っているものと録ってないものがあるんです。

サッシャ:へえ〜。

Seiho:電子楽器なのに有機的な動きだったり、逆に生楽器の音なのに形ではめていたりとか。

サッシャ:え、じゃあ鳥のさえずりとかは?

Seiho:本物っぽく作っている電子音と、本物の鳥のさえずりが両方入っていたりして。錯覚させるように、いろいろと配置させているんです。じっくり聴いてもらえると分かると思います。

ところで、アルバムタイトルの「Collapse」とはどのような意味で付けたのでしょう。

Seiho:「Collapse」は「崩壊」という意味。壊すという人工的な意味ではなく、誰かの意志とは無関係に壊れてしまった状態とか、そういう意味でつけました。

サッシャ:ジャケットに生花がありますが、こちらはご自分で?

Seiho:僕が生けたんですけど、左側の花は本物の花で、右側の陶器はCGなんですよ。リアルな花とCGの陶器を並べることによって「なんで本物の花にはこう感じるのか」とか、「なんでCGにはこう感じるのか」を考えるのかなと。なんで本物の花に僕たちは感動してしまうのかってことが際立つ、という。

サッシャ:不思議ですよね。どんなにCGが発達しても有機的なものと比べるとは出せないものがあるし。

Seiho:有機的なものには出せないコンピューターの良さもあるわけですし。どっちがいいとか悪いじゃなく、両方並べてみることが大事なんじゃないかなと思って。

サッシャ:なるほど!

Seiho:本物とCGの境目が分からなくなればなるほど、「なぜ人はCGを作ったのか」とか「なぜ今でもリアルな花を部屋に飾るのか」といった「なぜ」の部分が際立ってくるのが面白いと思います。そういう意味で、アルバムでは生音と電子音を組み合わせて使っています。

Seihoさんの話を聞くと、何度も曲を聴き直したくなりますね。6月30日(木)には、渋谷WWWにてニューアルバム・リリースパーティーも開催するそうです。今後の活動にも注目です!

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

写真家のレスリー・キーが撮った映像に秋元梢も出演!(2016年06月06日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1713.html

チョーヒカルの原点「紙がなかったから体に描いた」(2016年06月05日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1708.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP