ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイク通算7週目の首位をマーク、カルヴィン・ハリスがTOP5入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ドレイクの「ワン・ダンス」が、通算7週目の首位をマークした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 デジタル・セールスはさほど強くないものの、ストリーミングポイントとエアプレイが勢いを落とさない「ワン・ダンス」。ドレイクは、リアーナとの「ワーク」と共に、この2曲が2016年の年間チャートTOP10にランクインする可能性が高くなっている。

 そのリアーナとカルヴィン・ハリスの再タッグ曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」が、公開されたビデオのストリーミングポイント上昇により、先週の6位から5位へ、ついにTOP5入りを果たした。スクリーンの中で歌うリアーナが印象的なビデオの再生回数は、公開1週間で7400万回を記録している。

 ショーン・ポールをゲストに迎えたシーアの新曲「チープ・スリルズ」は8位から6位に浮上、ラッパー、ケント・ジョーンズのデビュー曲「ドント・マインド」は先週TOP10入りした10位から9位へ、ワンランクアップした。

 そして、今週新たにTOP10入りしたのは、トゥエンティ・ワン・パイロッツの「ライド」。先週の13位から10位へ3ランク伸ばし、自身2曲目となるTOP10入りを果たした。昨年末から、超ロング・ヒットを記録した「ストレスド・アウト」(最高位2位)に続く、4thアルバム『ブラーリーフェイス』からの3rdシングルで、オルタナティブ・チャート、ロック・チャートでは首位をマークした。夏らしい、レゲエ調のナンバーで、エアプレイや視聴回数が伸びたのも、季節的なものも関係しているだろう。もちろん、「ストレスド・アウト」の大ヒットで、彼らの知名度が上がったことが、「ライド」のヒットに繋がったと思われる。

 そして、TOP10以下でも、そのトゥエンティ・ワン・パイロッツの新曲「ヒーゼンズ」が14位に初登場した。この曲は、日本で9月に公開予定の映画『スーサイド・スクワッド』のサントラ盤からの先行シングルで、アルバムは8月5日にリリースが予定されている。同サントラ盤には、スクリレックスやウィズ・カリファ、リック・ロスといった人気アーティストたちのナンバーが収録されている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、29日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ワン・ダンス」ドレイク
2位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」ジャスティン・ティンバーレイク
3位「パンダ」デザイナー
4位「ドント・レット・ミー・ダウン」ザ・チェインスモーカーズ
5位「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ」カルヴィン・ハリス
6位「チープ・スリルズ」シーア feat.ショーン・ポール
7位「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」フィフス・ハーモニー
8位「ニーデド・ミー」リアーナ
9位「ドント・マインド」ケント・ジョーンズ
10位「ライド」トウェンティ・ワン・パイロッツ

関連記事リンク(外部サイト)

7月9日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
7月9日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
リアーナ、映画『スター・トレック Beyond』から新エモーショナル・バラード公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP