体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10月18日に公開された少女時代のPVが10日も経たない内に1200万再生を突破! 分布図を見ても世界的に人気?

人気K-POPグループ『少女時代』の最新曲『The Boys』のPVが『YouTube』に公開された。そのPVが凄い勢いで再生数を伸ばしており、なんと10日も経たない内に1200万再生を達成しているのだ。その勢いは世界トップアーティスト並ともいえる。例えるなら同日(10月18日)に公開されたジャスティン・ビーバーのPVが2000万再生。さすがにジャスティンほどではないが、それに匹敵する勢いだといえるだろう。

さて、ここにきて疑問に思えるのが韓国の再生数工作である。木村太郎が報道番組にて「韓国の国家ブランド委員会が国ぐるみで再生数を伸ばしている」と指摘した。その放送後に韓国からクレームが入り、「そのような事実はない」とされ番組内で謝罪となった(国家ブランド委員会は実在する)。

ネット上でも数々の不自然な再生数の浮上が指摘され、更には『YouTube』から遮断されるのではとの憶測まででていた。

しかし今回の『少女時代』の再生分布図を見てみると、世界的に再生されているのがわかる。また年齢層は比較的に若めで、「女性13~17歳」、「女性18~24歳」、「男性18~24歳」となっている。

この分布やユーザー層を見れば納得できそうな気もするが……。

少女時代『The Boys』のPV

※画像は『YouTube』より引用。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。