体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界的人気のFlashゲーム『星探』シリーズが完結 クリエーターのnekogamesにインタビュー

世界的人気のFlashゲーム『星探』シリーズが完結 クリエーターのnekogamesにインタビュー

マウスのクリックやドラッグなどの操作を駆使して、画面に隠された星を探すFlashゲーム『星探(ほしさが)』。言語に関係なく、子どものおもちゃを手にして遊ぶような手軽さと、アっといわせる仕掛けの数々がネットユーザーを魅了し、2007年の公開当初から世界的に人気を集めました。

その後『星探2』『星探3』とシリーズ化され、全100ステージをリリース。続いて絵本のようにカラフルな『星探林檎(ほしさがりんご)』シリーズ4作品100ステージが公開され、10月にリリースされた番外編『星探毒林檎』で『星探』シリーズが完結しました。ガジェット通信は、nekogames名義で『星探』シリーズを公開するクリエーターの石井克雄氏に、シリーズ完結を記念してインタビュー。作品に込められた思いを語っていただきます。

シリーズに飽きた?

ガジェ通:『星探』シリーズ完結、おめでとうございます!

石井:ありがとうございます。

ガジェ通:『星探林檎』シリーズが終わるのかと思っていたら、『星探』自体やめちゃうんですか?

石井:そうですね。

ガジェ通:人気シリーズなのにもったいないですよね。

石井:そろそろ飽きたかな。

ガジェ通:石井さんの中では、「どこまでやったらやめよう」というのはあったんですか?

石井:最初の『星探』の時点でもう終わっていいかなと思ったんだけど、『星探林檎』はもう、完全にウケ狙い。女子にモテようとしたグラフィックスがすべてを物語ってるじゃないですか。

『星探林檎』

ガジェ通:アーティスト路線ですね。

石井:アーティスト路線。

「簡単すぎる」の声で難しくした『毒林檎』

ガジェ通:『星探林檎』の『林檎』は何から来ているんですか?

石井:(しばらく沈黙)それはダメ、言えないね。作者の口から言ったらダメだ。

ガジェ通:その『星探林檎』がシリーズ化したのはなぜなんでしょう。

石井:『星探林檎』やったら、意外にウケがよかった。で、続編を作るハメになった。

ガジェ通:『星探林檎』シリーズで全100ステージ作るのはいつ決まったんですか。

石井:『星探林檎』を作って反響がよかったんで。

最新作『星探毒林檎』

ガジェ通:『林檎』シリーズで100ステージまでできたのに、さらに『星探毒林檎』を作ったのはなぜなんでしょうか。

石井:それはねえ、『林檎』シリーズが「簡単すぎる」っていう反応がいろいろあったんで、『毒林檎』を作りました。『毒林檎』が難しいって言っても、初期の『星探』と同じ程度というか、元に戻したぐらいなんですよ。でもいきなり『毒林檎』をやった人には災難だったのかな。

ガジェ通:難易度の設定って、頭を悩ませるものなんですか?

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。