ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄出身19歳のAnly 子守唄はハードなロックだった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの日曜朝9時からの番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「BMW SOUNDS GOOD」。6月26日のオンエアでは、ドラマ「僕のヤバイ妻」(フジテレビ系)のオープニングテーマ「EMERGENCY」が話題のAnlyさんが登場しました。

Anlyさんは、沖縄県伊江島出身の19歳。伊江島の人口はおよそ4,500人。沖縄本島から船で30分です。

「休日に沖縄本島に出かける時は、朝早く船に乗って、用事を済ませて、17時発の船に乗って帰ってきます」

終電ならぬ、終船が17時なのだそうです。島にはCDショップがなく、お金を貯めて船に乗って買いに行っていたとか。現在は東京で生活されていますが、伊江島に帰った時はパワーを充電してくるそうです。

ご両親は音楽が大好き。お母さんはカントリーミュージックから沖縄民謡までジャンルを問わず、お父さんはロックが大好きだそうです。実はAnlyさんがギターをはじめたのも、お父さんがギターを弾いていたことがきっかけだったとか。

「小さい頃から窓辺に座って弾いてくれたんです。父からギターを教わったことはあまりなくて、コードを少し教わった以外は自分で勉強しました」

今や、ギターは兄弟のようなもので“兄のような存在”だというAnlyさんに、ドライブで聴きたい曲をお聞きしたところ、ロックバンドHeartの「Never」という回答。

「覚えやすくて印象的な曲ですよね。いつ聴いても新鮮な気持ちになります」

実はオンエア当日の朝、お母さんに番組でHeartの「Never」を紹介すると言ったところ、「あの曲はアンタを眠らせるためにかけていたのよ」と意外な事実が判明したそうです。

「モーツァルトの曲を聴かせるなら分かるけど、『Never』を私の子守唄としてかけていたなんて。こんなハードな曲では眠れなかったはず」と驚いていました(笑)。

さて、いよいよフェスシーズン到来ですが、Anlyさんも「Happy Rainy J-WAVE LIVE」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」などたくさんのフェスやライブに出演されます。特にフェスは会場内を移動するだけでも大変。Anlyさんも大忙しです。

「いつも『歩くのが遅い』って言われるんです。フェスで次の会場に行くために走っていたら、『私が走っているところをはじめて見た』って言われたぐらいで(笑)」

今回、スタジオで「EMERGENCY」を生演奏で披露してくれました。実はこの曲は17歳の頃にエレキギターを弾きながら「いつかフェスで盛り上がれれば」と思って作ったのだそう。ドラマ「僕のヤバイ妻」(フジテレビ系)のオープニングテーマでもあり、歌詞は台本を読みながら「19歳には難しい…と思いながら考えました」と振り返っていました。

レイチェルも、女性の心の葛藤を表現した内容に感心。いろいろな世代の心に響く曲なので、Anlyさんが登場するフェスやライブで盛り上がりたいですね♪

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

「Happy Rainy J-WAVE LIVE」ライブインフォメーション
http://www.j-wave.co.jp/event/9817-201607.htm#pagetop

HARUHI「ムカついてギターを始めた」’(2016年06月03日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/haruhi.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP