体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原で一番美味しい“アジフライ”を発見したので報告したい @『とんとん亭』

ton-ajimen019_R

すっかり秋葉原に馴染んだガジェット通信編集部と筆者(YELLOW)ですが、何気に秋葉原の飯は平均的に美味い事実が発覚しました。

しかし!

電車を乗り継いででも訪れたいほどの感動を味わえる店は、そう多くはありません。

さして秋葉原で買い物をするわけでもなく、ただただ美味い飯を食うためだけに秋葉原に通う筆者は、ひとつの結論に辿り着きました。

「本当に美味い料理が食べたければ外周を攻めろ!」

秋葉原で本当に美味いモノは、実は開発のユルい外側に残っている説が、またひとつ実証された次第です。

昼は定食、夜は居酒屋『とんとん亭』

ton-ajimen003_R

駅からちょいと離れていて、比較的静かなロケーションにある『とんとん亭』で御座います。

昼は定食、夜は居酒屋の二毛作で絶賛営業中でして、家族経営ならではの強い絆で創業50年オーバーの老舗です。

特にランチタイムは働く人の食堂として絶大な人気を誇っていて、持ち帰り弁当もやっています。しかもボリュームのある定食なので、客層は近くで働く人やガテン系の男達が多く、作業服上等の店でもあります。

なので、ほぼほぼ観光客が来る事もなく、土曜日の昼は意外とゆっくりランチ出来る穴場でもあります。

アジフライが美味い定食屋はイケてる説が浮上!

ton-ajimen001_R

人によってランチに何を求めるかは様々ですが、定食屋さんに訪れるという事は、それなりのボリュームとコストパフォーマンスを求めている人が多いと思われます。

そして!

安いだけの定食屋さんもありますが、安くて美味しい店を見付けられるか否かがライターとしての素質というか器量を問われる案件で御座います。

では、美味しい定食屋さんとは一体どんな定食屋さんなのでしょうか?

そんな事は外食のベテランであれば誰もが知っている常識なので、今更言う必要はないのですが、あえて言おう!

「アジフライが美味い店は良店である!!」

基本、定食屋さんはボリュームとスピードを考慮して、揚げ物を軸に展開したメニューを得意とするのですが、その揚げ物の中でも“アジフライ”にコダワリのある店は、総じて料理が美味しいと言っておきましょう。

『アジフライとメンチ定食』(750円)を所望する!

ton-ajimen004_R

というわけで『とんとん亭』は初見となる筆者のファーストチョイスは、通称“アジメンチ”と呼ばれる定食で御座います。

この『とんとん亭』では基本的に、料理を二品組み合わせる形の欲張り定食でして、例えば“しょうが焼き&メンチ”みたいな感じになります。

無論、単品だけの定食もありますが、やはり人気はコンビ定食でして、かなり自由度が高い組み合わせもあるので、どれを食べるか迷ってしまいます。

ton-ajimen002_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。