体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』約5万円の高級ドライヤー、果たしてそれだけの価値があるか徹底検証

CR7_5357

吸引力が落ちない唯一の掃除機で、どの掃除機よりも確実にゴミを吸い取りますという欧米メーカーならではの自信のみなぎった広告でおなじみのダイソン『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』は約5万円の超強気な価格設定でドライヤー業界に波紋を投げかけているが、果たしてそれだけの価値があるのか。実際に使ってみて検証してみた。

不思議と軽く感じる本体。マグネット式着脱ノズルにディフューザーが同梱されている!

アメリカンな価値観だと自信がみなぎっているのは良いことだが、”和を以て貴しとなす”文化の日本では反感を買うことが多い。他にはAppleも同じだけれどとかく攻撃の的になりやすいのだ。そんな中で登場した『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』(最大消費電力1200W・245 x 78 x 97mm/618g・希望小売価格 税抜48,600円・発売中)に風当たりが強いのは想像に難くない。

CR7_5253
記者もまた、製品が届いてみて少しばかり粗探しの気分がなかったかというと微妙。箱からしてもうApple製品のようなシンプルでスタイリッシュなもので、そこにうまい具合に本体や各パーツがきれいに収まっている。緩衝材も必要最低限。今回試用したのはアイアン/サテンフューシャのカラーリングで、中央部のサテンレッドが何ともイカす。他にホワイト/シルバーモデルも有。

CR7_5269
同梱されているのは標準的なノズルアタッチメントの他にセット用のコンセントレーターというところまでは標準的だが、何とディフューザーまで付いているのに驚く。美容院などでは見かけるが個人用ドライヤーでディフューザー付きというのは見たことがない。髪が傷みがちでカールを活かしてふわっと仕上げたい人だと、これだけで心が揺れるのでは?

CR7_5317

スタイラーなどの名称で、別売りパーツで安価で入手出来ることもあるディフューザーだが、ともすれば熱くなるドライヤー吹き出し口に純正品でないものをつけるのも勇気がいるし、ぴったり合う口径のものを探すのもひと苦労。それがセットにされているところは、さすがヘアーサロンとの共同開発というだけある。他の同梱物は滑り止めマットとストラップのみ。

 

欧米メーカーだけに強力さをうたうのはいいが、消費電力が馬鹿でかくてブレーカーが盛大に落ちたらどうしようと思っていたが、通常のドライヤーと同じ1200W。この範囲内できちんと勝負しているのは好感が持てる。

CR7_5272

掃除機で磨き上げられた強力なモーター技術を応用することによって開発されただろうこの『Dyson Supersonic ヘアードライヤー』、高風量のドライヤーは得てして手にずっしりと重いものだが、これは持ってみて拍子抜け。軽い。いや、618gあるので決して軽いわけではないのだがやたらと軽く感じる。しかも本体吹き出し口は空洞。これで本当に大風量は出るのか!?

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。