体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あんこ好き男子必見! あんこと抹茶の「福吉らて」にアンキーマカレーはいかが?

f:id:mesitsu_lc:20160516201329j:plain

白状しちゃいなよ、「あんこ」が好きだって。

甘いものはさほど食べないけれど、「あんこ」だけは放っておけないって。

こんにちは、メシ通レポーター、「あんこ」に目がない裸電球です。

漢字で書くと、「餡子男子」

なんだかものすごい破壊力のある言葉ですね。

老舗のお茶屋さんとあんこ屋さんが手を組み、

さらに新鮮な北海道の牛乳が加わった結果、すごい飲み物が誕生しました。

まず、見た目がずるい! なんですか、その配色!

「餡子男子」たちの心を揺さぶる「福吉らて」はいかがでしょう?

さらに、「あんこ」で攻めますよ。

つぶあんが入った「アンキーマカレー」でお腹を満たせば至福の時間。

今回は「餡子男子」の天国、「福吉カフェ」をご紹介します。

f:id:mesitsu_lc:20160516201356j:plain

旭川市民のオアシス、常磐公園を散歩中。

おやおや、日頃の疲れでしょうか。

無性に甘い物が食べたくなってきました!

それもケーキではなく、和菓子の気分です。

こうなったら最後、いてもたってもいられません。

早くホクホクとした、甘いつぶを口に入れたい!

そう、欲しいのは「あんこ」

歴史を感じる外観

f:id:mesitsu_lc:20160516201348j:plain f:id:mesitsu_lc:20160516201350j:plain

やってきたのは常磐公園のほど近く、歴史的な建物を改装しています。

2016年の春にオープンしたばかりの「福吉カフェ」です。

「あんこ」を食べるにはもってこいの舞台じゃないですか!

f:id:mesitsu_lc:20160516201349j:plain

なんでも看板商品の開発には、

老舗のお茶屋さんとあんこ屋さんが関わっているのだとか。

「あんこと抹茶」

考えただけでもプルプルします。

早く味わいたい!

f:id:mesitsu_lc:20160516201325j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。