ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うまみ・塩気・食感をプラス。ザーサイは炒めて食べよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コリコリという食感、凝縮されたうまみ、そしてほどよい塩気。塩漬けにして発酵させたザーサイはそのまま食べても十分においしいのですが、実は炒めものの具材としても大活躍することをご存知ですか? うまみが強くしっかりと塩気のきいたザーサイを加えるだけで、いつもの炒めものに本格的な味わいをもたらしてくれます。ザーサイを使った炒めものレシピをご紹介しましょう。

●ザーサイでうまみ&塩気をプラスした簡単中華

豚肉とピーマン、ザーサイのピリ辛炒めのレシピ | 料理サプリ

豆板醤のピリ辛風味でビールのおともにも◎! ザーサイは薄切りにして全体にまんべんなく行き渡るように。

●噛みごたえと食感のメリハリを楽しんで

ザーサイとこんにゃくとセロリの炒め物のレシピ | 料理サプリ

最初にザーサイを炒め、香りが立ってからセロリ、こんにゃくの順に炒めるだけ。調味料もシンプルなので簡単に作れます。

●ザーサイのうまみをたっぷり吸った麺が最高!

豚肉といんげん、ザーサイのビーフンのレシピ | 料理サプリ

ザーサイは粗みじんにして食感を残すのがポイント。具材から出たうまみをビーフンの麺がすべて吸い取ってくれます。

同じ中国料理の仲間であるごま油や豆板醤とは相性抜群。コリコリ食感も全体のほどよいアクセントになります。ザーサイの塩分が気になる場合は、醤油や塩の量は控えめにして調整してくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

江戸っ子の洒落だった「へちま」の由来
つまめる手軽さが魅力のお寿司レシピ
暑気払いにぜひ! 優しい味わいのにゅうめんレシピ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP