ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一年中新鮮な厚岸産の牡蠣が食べられる!新橋「BISTROあっけし」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

子どもの頃苦手だったのに、大人になって食べられるようになったものがたくさんあります。大人の味覚になったんですね。そんな食べ物の中のひとつが牡蠣。特に生牡蠣が好き。

でも、牡蠣がおいしいのはRのつく月。
January(1月)、February(2月)、March(3月)、April(4月)、September(9月)、October(10月)、November(11月)、December(12月)
最近は夏の岩牡蠣もおいしいので、8月の岩牡蠣の時期を楽しみにしていました。

友達から「新橋においしい牡蠣のお店があるよ」と誘われても、6月の牡蠣はな~と、実はあまり期待せずに出かけました。

■あわせて読みたい
【新宿】世界中の牡蠣が食べられる隠れ家! ワインバルペスカデリアが大人気
http://tabizine.jp/2015/10/10/48203/

JR新橋駅の烏丸口から徒歩2分。今年の4月にOPENしたばかりの「BISTROあっけし」です。荻窪の人気店「あっけし」の姉妹店です。北海道厚岸の牡蠣は有名ですが、1年中生牡蠣が食べられることはお店に行くまで知りませんでした。世界中で厚岸だけが1年中、生牡蠣が食べられるんですって。

カウンターでサックリ飲み。

お通しのパン(300円)

16時~18時は、牡蠣かラムチョップとワンドリンクで500円というお得なセットがあったので、まずはこちらをオーダー。

生牡蠣とスパークリングで500円。レモンは別売りで60円。

ズワイガニのクリームリゾット

850円。お昼ご飯を食べていなかったので炭水化物を。ズワイガニがたっぷり入ってて、とっても贅沢な味!! 500円セットは時間内だったら何回頼んでもいいとのことだったので、こちらのお店のもうひとつのオススメメニュー、ラムチョップとのセットをお願いしました。味はプレーン(ゲランの塩)、スモーキーマスタード、コリアンダージェノベーゼ、ローズマリーバターの4種類。基本はプレーンからでしょ。

がブリッと齧り付くと・・・久しぶりに食べたラムらしいラム!! 最近万人受けするラム特有のくさみを抑えたラムばかり食べていたので、これはラム好きとしてはテンションあがります。

食べかけの画像で申し訳ないのですが、お肉がやわらかい!! ガンガン食べられそうですよ。そして、スパークリングワインもすすみます。

エンジンかかってきたので月・火限定の牡蠣盛り合わせをオーダー。

月、火限定! 牡蠣のスーパーお得セット!

6ヶ 1,570円
10ヶ 1,990円

生か、焼き、どちらかしか選べないのですが牡蠣を「もういいです!!」ってだけ食べたい人には、絶対お得!!

じゃーーん!!

そして牡蠣が大きい!! 厚岸産のLサイズの牡蠣だけをお店で提供しているんですって。この大きな生牡蠣をつるん、ぺろんといただきます。うまうまです。

牡蠣フライもうまし!! 1 ケ390円(2ケからオーダー可能)。他にも焼き牡蠣、牡蠣のオイル漬けなどもあります。

クリームチーズの牡蠣醤油マリネ

390円。実はこれ最強メニュー。お値段も安いし、ワインによくあいます。牡蠣とラムチョップはもちろんだけど、もう一品と悩んだら、これオススメです。

ちょっと飲みすぎたので、ソフトドリンクでひと休み。自家製ジンジャーエール(400円)。生姜の風味が口の中をさっぱりと、飲みすぎてちょっぴり緩んだ気持ちをキリッと引き締めてくれるので、電車に乗る前に飲むべし。基本立ち飲みだけど、奥に8席だけ要予約の椅子席があります。

でも、これからの暑~~~~~~い日に、ちょこっと立ち寄って冷たぁ~~~~~~いスパークリングワインと生牡蠣でHP回復!! なんて使い方ができそう。

ご馳走さまでした!

■あわせて読みたい
【新宿】世界中の牡蠣が食べられる隠れ家! ワインバルペスカデリアが大人気
http://tabizine.jp/2015/10/10/48203/

[寄稿者:さとちん]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/satochin/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP