体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賃貸住宅にキケンを感じたら「いやや(188)!」に相談

賃貸住宅にキケンを感じたら「いやや(188)!」に相談

安全であるはずの住まいで、命に関わる事故が起きているーー。なにやら気になる情報を発信したのは、消費者庁。2009年から2016年1月までの間に、「生命身体に危害を及ぼす不具合情報」が実に653件寄せられているという。ではその内容とは? 大家さん/不動産管理会社に相談しても対応してもらえない場合はどうしたらいいのかを解説していこう。

賃貸住宅の不具合件数は毎年100件程度、寄せられている

今年3月、消費者庁から「賃貸住宅の建物及び付帯設備に不具合はありませんか?」というお知らせが発表された。その内容はというと、賃貸の建物や設備が原因で、大小さまざまなトラブルが起きているというもので、最悪のケースでは1人が死亡、ケガなどが発生した事故情報も323件ほど寄せられているという(2009年9月〜2016年1月まで)。1年間にするとおよそ50件前後の事故情報が寄せられているということになる。【図1】賃貸住宅の不具合件数(出典:消費者庁「賃貸住宅の建物及び付帯設備に不具合はありませんか?」)

【図1】賃貸住宅の不具合件数(出典:消費者庁「賃貸住宅の建物及び付帯設備に不具合はありませんか?」)

では、具体的にどのような事故が起きているのか、データをみていこう。

まず、不幸な死亡事故というのは、換気扇が故障した状態でガス瞬間湯沸かし器を使用したことにより、一酸化炭素中毒を起こしたというもの。ケガをして治療が必要になったケース(323件)のうち、医者にかからずというケースが103件、治療期間不明125件もあり、危害としては軽度のものが多いようだが、一方で、治療に1カ月以上かかったケースは25件、3週間〜1カ月という人が12件という結果に。【図2】賃貸住宅による危害の程度(出典:消費者庁「賃貸住宅の建物及び付帯設備に不具合はありませんか?」)

【図2】賃貸住宅による危害の程度(出典:消費者庁「賃貸住宅の建物及び付帯設備に不具合はありませんか?」)

次に事故が発生している場所についてチェックしていこう。いわゆる付帯設備(ガスや電気設備、給排水設備)が最も多く、338件と半数以上をしめている。例としてはガスでは給湯器や瞬間湯沸かし器、電気コンロやエアコンなどのトラブルで、発火やガス漏れなど、命に関わる事故が発生している。なかには、初めて浴槽に足をいれたところ、底が抜けて右足関節捻挫の重症になった人も。【図3】賃貸住宅の建物及び付帯設備の不具f合箇所の内訳(出典:消費者庁「賃貸住宅の建物及び付帯設備に不具合はありませんか?」)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会