体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイライトを自動編集!ウェアラブルカメラ「Perfect Memory」が便利

デジタル・IT
Perfect Memory2目の前の日常風景を記録するのに便利なウェアラブルカメラ。だが、録画するのはいいけれど編集が面倒−と思っている人にぴったりの小型カメラが登場した。

クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募っている「Perfect Memory」。ボディをタップするだけでさかのぼってハイライトを自動編集してくれるというスグレモノだ。

・とっさの撮影に最適

街を歩いていると思わぬシーンを目にすることもある。そうした“不測の事態”を記録するのに、このカメラは活躍する。

Perfect Memory撮影モードをオンして「今のシーンを残したい!」という事態に遭遇したら、Perfect Memoryのボディをタップすればいい。すると自動的にハイライトだけを抜け出して保存してくれる。

さかのぼれる時間は最大5分で、専用アプリ(iOS、Android)ではそれより短く設定することも可能だ。

・ストリーミングに対応

ウェアラブルカメラと紹介したが、三脚などに設置でき、ストリーミングカメラとしても使うことも。

Perfect Memory3加えて、ビデオだけでなく写真の撮影にも対応し、タイムラプス撮影もできる。重さは52グラムとかなりコンパクトなので外出のお供にうってつけだろう。

その他のスペックとしては、画角140度、バッテリーは1000mAh、128GBまでのマイクロSDカードが使用可能。

Indiegogoでは今なら99ドル(約1万300円)〜となっていて、出資はあと1カ月ほど受け付けている。

Perfect Memory/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会