ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ネルフ津田沼支部”登場!? 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』をテーマにしたカラオケルーム

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


使徒せん滅のための特務機関NERV(ネルフ)が斜陽のカラオケ産業を救う? 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界観で統一した、テーマパーク性あふれるカラオケルームが11月1日、千葉・津田沼に登場します。部屋の使用時間タイマーに「活動限界まであと0:30:00」と表示するなど、内装からフードやドリンクまで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』のイメージを演出。これまでにないカラオケルームで集客を狙います。


『ネルフ津田沼支部』は、11月1日にリニューアルオープンするU-STYLE津田沼店のうち、1フロア(7室)に作られるもの。エントランスには物販コーナーを設置し、展示物やスタッフの制服に至るまで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の世界観を演出。フードやドリンクも『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』をイメージしたオリジナルメニューを展開します。『ヱヴァンゲリヲン』ファンなら、一度はチェックしてみたい空間ですね。


同作品の著作権を管理するグラウンドワークスが監修し、『ヱヴァンゲリヲン』のテーマパークと位置付けた演出を盛りこみ、カラオケを楽しむだけでなく「見に行く」楽しさのある空間プロデュースが行われています。キービジュアルには、綾波レイ、惣流・アスカ・ラングレー、真希波・マリ・イラストリアスがマイクを持って歌うイラストを用意しました。

今回の店舗プロデュースを手掛けたのはゼンリンプロモ。今後も、著作権管理とグッズ、資材を含めた商品や空間企画を、さまざまな作品で進めていく計画だそうです。近年、ネットやゲームの普及、不景気による消費の落ち込みなどにより、カラオケ離れが進んでいます。今後も、プラスアルファのエンターテインメント要素を盛り込んだ「テーマパーク的なカラオケ」が増えるのかもしれません。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP