ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カルチャー・クラブ 待望の日本公演スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 80年代を代表するスーパー・ポップ・バンド、カルチャー・クラブの来日公演が6月21日よりスタートした。オリジナル・メンバーでの来日は16年ぶりとなる。

 ライブは、「チャーチ・オブ・ザ・ポイズン・マインド」で幕を開けた。先にステージに登場したロイ(g, kb)、マイキー(b)、ジョン(dr)で、既に大興奮のオーディエンスが最後に迎えたのは、ポップ・アイコン、ボーイ・ジョージ。白地に○×柄のセットアップに色違いの同柄ハットというお茶目かつモードな衣装で登場し、久々のファンとの再会を温かなMCで称え、冒頭から会場は一気に一体感に包まれた。2曲目は「イッツ・ア・ミラクル」、そして3曲目には「アイル・タンブル・4・ヤ」とテンポ良くライヴは流れ、懐かしのヒット曲にオーディエンスも心地よくダンスする。16年ぶりでも全く色褪せることのないバンドのしっかりした演奏と、より深みを増したボーイ・ジョージのボーカルに、改めてカルチャー・クラブの底力を見せつけられた。6月22日、東京公演2日目が行われ、6月24日、フェスティバルホールにて大阪公演が行われる。

◎公演情報
<東京>
6月22日(水)Zepp Tokyo
START 18:00 / START 19:00
スタンディング:13,500円(tax in.)+1D
2F指定席:25,000円(tax in.)+1D
<大阪>
6月24日(金)フェスティバルホール
START 18:00 / START 19:00
SS指定席:25,000円(税込)
S指定席:15,000円(税込)
※未就学児入場不可 / 枚数制限4枚 (東京・大阪)

関連記事リンク(外部サイト)

プリンスの未発表曲、ミュージカルで使用される可能性明らかに
スヌープ・ドッグの新作『Coolaid』にウィズ・カリファ他多数ゲスト参加
銃乱射事件受けスターが結集、“Broadway for Orlando”がチャリティ曲リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP