ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これがホントの「どこでも椅子」!? 世界で最もコンパクトな折りたたみ椅子『SITPACK』開封の儀!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

P1060379

これがホントの「どこでも椅子」!? 世界で最もコンパクトな折りたたみ椅子新登場!

スポーツやコンサートを立って観戦していると、腰が痛くなって座りたくなることがよくあります。

731746eb777b5b9b66d4a8cb382240c4_s

そんな時、カンタンに持ち運べる椅子があったら、どれだけ便利だろう……?
そう思った事はないでしょうか。

721a28a3f5cecac96578d27dc2df27dd_s

そんな人のために「折りたたみ椅子」が販売され、各社しのぎを削っています。
さて、数ある「折りたたみ椅子」ですが、片手で乗るほどに小さくてお手軽な「折りたたみ椅子」は、今までなかなか存在しませんでした。

126195

そんな、ユーザーの「困った」を今回くみ取ったのが……。デンマークのSITPACK社です。

キャプチャ

SITPACK社は世界最小級のコンパクトな折りたたみ椅子を発売しました。

キャプチャ世界で最もコンパクトな折りたたみ椅子『SITPACK』
取り急ぎ、ご紹介致します!

世界で最もコンパクトな折りたたみ椅子『SITPACK』とは?

SITPACK
https://www.sitpack.dk/[リンク]キャプチャ

Sitpack Instruction Video
https://youtu.be/Iid3k-liIK4[リンク]

Disassembly video
https://youtu.be/iTY7WZnEiHI[リンク]

『SITPACK』は、世界最小級の折りたたみ椅子です。
『SITPACK』は、様々な場所で座る事が可能です。

キャプチャ

耐荷重は100kgです。

キャプチャ

『SITPACK』に座る事で、姿勢を維持して、筋肉疲労を防ぐ事が出来ます。

キャプチャ

高さ16.8cm・直径6.6cmで重量は500g。とっても小さくて軽いです。

キャプチャ

色は7色から選べます。

キャプチャ

組み立て方はとってもカンタン。

キャプチャ

『SITPACK』は、webで注文が出来るほか、日本でも輸入を行っている所がある様です。
https://www.sitpack.dk/14-shop[リンク]
キャプチャ

5b05ad20-504b-4414-c46a-3479f907e7752この度筆者は、『SITPACK』を『kickstater』で出資して入手する事が出来ましたので、取り急ぎ開封の儀を行いたいと思います!

これがホントの「どこでも椅子」!? 世界で最もコンパクトな折りたたみ椅子『SITPACK』開封の儀!

さあ、開封の儀です。ドーパミン出まくり。

P1060367

箱の中には、本体と予備の足が入っていました。

P1060368

P1060370

早速開封していきましょう。

P1060369

P1060371

P1060372

本体に説明書が巻かれて入っていました。

P1060373

P1060374

本体です。

P1060377

組み立てていきましょう。

P1060378

シャキーン!

P1060379

座ってみましたが、なかなかお尻にあたる部分がいい感じ。お出かけの際役立ちそうです。

キャプチャ

キャプチャ

キャプチャ

2f4ca6837d665fea6dd35948a9479bb6「これがホントの「どこでも椅子」!? 世界で最もコンパクトな折りたたみ椅子『SITPACK』。お出かけの際にちょっと一休みしたくなった時も安心ですね!」

※海外通販の購入については、筆者及び編集部はその内容を保障するものではありません。海外通販の世界はあくまでも自己責任のルールです。ご注意下さい。
※本記事の内容は、あくまでも筆者の体験、調査に基づくものであり、筆者及び編集部はそのサービスや内容を保障するものではありません。
※『SITPACK』の記事の執筆に当たっては、『SITPACK』社様に執筆の連絡を行っております。
※記事中の各種数値・表示は記事執筆時点のものとなります。
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/[リンク](筆者自筆)
※イラスト Illust AC http://www.ac-illust.com/[リンク]
※写真 photo AC http://www.photo-ac.com/[リンク]
※シルエット シルエットAC http://www.silhouette-ac.com/[リンク]
※撮影:FURU

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。