ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スターバックスをより便利に活用できるOutlook用アドイン「Starbucks for Outlook add-in」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スターバックス(Starbucks)は、米シアトルで1971年に創設され、現在、世界70カ国以上で展開しているコーヒーチェーン店。

座り心地のよいソファや落ち着いた照明など、長居したくなるような内装で、自宅でも職場や学校でもない“サードプレイス”としての空間づくりに注力してきた。

・Outlookの会議スケジュール作成機能を拡充

「Starbucks for Outlook add-in」は、2016年6月、Microsoft社の電子メールおよび予定管理ソフト「Outlook」に機能を追加する“アドイン”としてリリースされた。

これをインストールすると、「Outlook」で会議スケジュールを作成する際、スターバックスの店舗を会議場所として設定できたり、スターバックスのドリンクと引き換えられる電子ギフトカード「Starbucks e-Gift」を「Outlook」の受信トレイから直接送信できる。

「Starbucks for Outlook add-in」は、現時点では、米国を対象エリアとし、Windows版アドインのみ提供。近々、Mac版やモバイル版もリリースする方針だ。

・Outlookから効率的にStarbucksを活用する

とりわけビジネスパーソンは、上司や同僚、顧客らとの人間関係を円滑にするべく、ときにはオフィス以外の空間を利用したり、昇進・異動などの節目にちょっとしたプレゼントが贈る機会がある。

ビジネスユースの多い「Outlook」でスターバックスを活用しやすくする「Starbucks for Outlook add-in」は、スターバックスの利用者層のさらなる開拓にも貢献しそうだ。

Starbucks for Outlook Add-in

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP