ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“Leap Motion”を使い、“あやつり人形”にようにオブジェクトを動かせるアニメーションソフトが画期的すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「トイストーリー」や「アナと雪の女王」のようなアニメーションが人気を博している。

だが、アニメーションを1から構築するとなると、Maya、Cinema 4D、Blender、Toon Boom、Adobe Flashなど、さまざまな専門ソフトウェアを駆使し、膨大な手間と時間をかけて動きを再現することになるし、専門知識をもった人にしか実現できないもの。

・手や指の動きに合わせてアニメーションする

カーネギーメロン大学の研究チームが開発している「Dranimate」というソフトウェアが、アニメーション作成の画期的な手法になるかもしれない。コンピューターとセンサーを使った“Leap Motion”の技術を用いて、手や指の動きを検知し、それらの動きに合わせて、オブジェクトをアニメーションさせるというものだ。

・画像内のジョイント部分が稼動する

まず、手書きのイラストをコンピューターにアップロードする。そのイラストに独自のソフトウェアが処理をおこない、イラスト内のオブジェクトの輪郭内を、くまなく線と点で結び合わせた網目状の状態に区切る。

実は、この点は“連結部分、ジョイント”のような役割を果たすのである。

センサーが検知する手の動きと、ジョイント部分を連動させる設定を施す。つまり、どのジョイントが、オブジェクトのどの部分と連動するか関連付けるというわけ。

指や手を動かすと、ちょうど操り人形のように、オブジェクトの手や足、部位が個別の動きを実行するという流れだ。

ジョイント部分がたくさんあればあるほど、滑らかな動きや、ある部位だけを動かす、というような動きが可能になる。

画像内のオブジェクトがいくつかある場合も、“関連付け”を施すことで、オブジェクトごとに別の動きをさせる……なんてことも難なく実現できる。

・制作の手間を大幅にカット!

1コマずつ絵を描く必要も、1コマ1コマを自然につなげる動画の処理を工夫する手間要らず、制作の労力や時間を大幅にカットし、誰にでも操作がわかりやすいのが大きなアドバンテージだ。

現状では、2Dのアニメーションしかつくれないが、今後3Dアニメーションにも対応するようになるかもしれない。期待して待ちたい。

Dranimate

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP