体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原で一番美味しいビールが飲める店を探した結果…… @『銀座ライオン』

lion-garl041_R

さて、いよいよ関東も梅雨入りですが、時には初夏を思わせる暑い日も少なくありません。ガジェット通信の編集部がある秋葉原も、エアコンの排熱やコンクリートからの輻射熱で都会特有の異様な暑さを感じます。

そんな中、美味しい食べ物を探す為に歩き回る筆者(YELLOW)のストレスは、時に我慢メーターを振り切ります。

「もう暑くて歩けんかもしれんね……」

仕事を放棄して帰宅したくなる案件ですが、そんな時は秋葉原のオアシス『銀座ライオン』へ迷わずGO!で御座います。

最高に旨いビールが飲める『銀座ライオン』

lion-garl031_R

ビールの美味しさを決める要素とはなんでしょうか?

勿論、暑い夏に喉がカラカラだとか、綺麗な“バドガール”(ほぼ死語)を眺めながら飲むとかシチュエーションも大事です。

lion-garl032_R

しかし!

ビールの美味しさを決める最大の要素は、やはりビール自体の美味しさと注ぎ方である事は否定出来ません。

lion-garl030_R

というわけで、秋葉原で最高のビールを飲みたいと言うのであれば、この『銀座ライオン』こそ至高の存在かと存じます。

意外とリーズナブルだぞ『銀座ライオン』

lion-garl010_R

名前に銀座が入っている時点で、格式高くお値段もセレブな予感ですが、意外と『銀座ライオン』はリーズナブルで御座います。

リーズナブルと言っても、そこら辺の“立ち食い蕎麦屋”のチョイ呑みとは次元が違いますが、筆者のような庶民でも問題ないレベルと言う意味です。

lion-garl009_R

むしろ、ビールだけで考えれば『エビス生ビール大ジョッキ』が950円とか、普通に居酒屋レベルの価格帯ではないでしょうか?

というわけで、筆者は迷わず『琥珀エビス大ジョッキ』(1020円)をチョイスしました。

ビールの美味しさの決め手は品質管理と注ぎ方である!

lion-garl011_R

そして『銀座ライオン』のビールの美味しさを支えるのは、厳重な品質管理と、ビールを注ぐ技術にあります。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。