ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

撮って撮って殺す殺す! シリアルキラーが撮り続ける恐ろしい芸術写真『スクリームガールズ~最後の絶叫~』予告編[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2015年に亡くなったウェス・クレイヴンが、最後に携わったホラープロジェクト『スクリームガールズ~最後の絶叫~』より予告編が解禁となりました。

この作品は、若い女性を誘拐・監禁し、被害者の写真を撮り続ける殺人鬼二人組をめぐる物語。主人公は、職場に貼られた惨殺死体写真を見つけた美しい女性・コリーン。そして死体のように見えるアート写真を撮り続ける写真家がコリーンと接触を図り、彼らは奇妙な殺人鬼の連続猟奇殺人事件に巻き込まれていきます。予告編では、マスクをつけた奇妙な殺人鬼の姿と、撮っては殺し・殺しては撮るその犯行の手際のよさが明らかに。果たして殺人鬼たちの目的は一体何なのか、そして何のために写真をとるのか……? 



映画『スクリームガールズ~最後の絶叫~』は、7月9日(土)よりシネマート新宿にて公開。どうぞ、お楽しみに!

『スクリームガールズ~最後の絶叫~』

<ストーリー>
スピアフィッシュという田舎街にあるスーパーで働く、若く美しい女性コリーン。職場の掲示板に女性の惨殺死体の写真が貼られているのを発見し、警察に届け出るが、確証がないと取り合ってもらえない。LA 在住のファッション写真家、ピーターはブログで同じ写真を見る。女性が“死体のように”見えるアート写真を撮影することに執着する彼はその写真にインスピレーションを受け、スピアフィッシュに向かう。その道中にコリーンと出会い、彼女の影のある佇まいに才能を見出したピーターは LA で自分のモデルになるように誘う。そんな中、コリーンの親友ジルが誘拐され、その惨殺写真がコリーンの車に貼られる。それは恐ろしい連続猟奇殺人事件の始まりに過ぎなかった・・・。不気味なマスクを被った二人組の殺人鬼。彼らは若い女性を次々と誘拐・監禁し、その死に怯える表情を撮り続ける異常な殺人鬼だった。彼らはなぜ執拗にコリーンをつけ狙うのか?次第に現実と虚実の境目が曖昧になる中、この“危険な”創造活動はどのような結末を迎えるのか!?

製作総指揮:ウェス・クレイヴン 監督・脚本:ニック・サイモン 出演:カル・ペン (『スーパーマン リターンズ』)、クローディア・リー (『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』)/ケニー・ウォーマルド (『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』)、トビー・ヘミングウェイ (『ブラック・スワン』)

2015 年/アメリカ・カナダ/英語/スコープサイズ/95 分/原題:THE GIRL IN THE PHOTOGRAPHS
配給:ブロードメディア・スタジオ

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP