ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一流シェフとのレシピと原材料をお届け!料理に必要なローカル食材を宅配してくれる「SaltedEats」がLAでスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファンシーなレストランに行き、「こんな美味しいものが自宅でも食べられたら」と誰もが思うだろう。

しかし、料理がさほど得意でない人にとって、レシピを調べて材料も調達して、という過程はあまり楽しいものではない。

そんな時に便利そうなサービスが米国ロサンゼルスに登場した。購読制のレシピ共有サービスに使われている食材を自宅に届けてくれる「SaltedEats」だ。

・100%地元産

献立付きの食材を宅配するサービスとしては、米国ではBlue Apronがパイオニア的存在。忙しい現代人のニーズをしっかりつかみ、順調にユーザー数を伸ばしている。

今回のSaltedEatsも基本はBlue Apronと似ているが、最大の違いはローカル食材にこだわっている点。ほぼ100%地元でとれたものを使っているのだという。

・会員からリクエスト

それから、食材の宅配はオンデマンドというのもBlue Apronとは異なる。

SaltedEatsはもともとSaltedという購読制(月10ドル≒1060円)のオンラインクッキングスクールがベースになっている。Saltedは200人以上のトップシェフの料理が学べるというもので、ここの会員からのリクエストを受ける形で食材宅配のSaltedEatsが誕生した。

つまり、シェフの料理手ほどきビデオを閲覧して刺激を受けたユーザーがそれなりにいることの裏返しでもある。そうした人が、気になるレシピを見つけ、必要な食材を宅配してもらい、ひとつ作ってみよう、となるのは想像に難くない。

SaltedとSaltedEatsの究極の目的は、食を知り尽くしたシェフに教わりながら、ローカル食材を使った美味しい食事と料理を楽しむことにある。

SaltedEatsはロサンゼルスで始まったばかりだが、1年以内に10都市での展開を目指すという。

SaltedEats

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP