ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本一のホルモン屋」。 看板のうたい文句に間違いなし【煮こみ】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、メシ通レポーターのマツータケシです。

『メシ通』の読者の方ならご存知かもしれませんが……。胃袋を刺激しまくる町・白金&高砂エリア。老舗も中堅も新店も、多様な飲食店があちらこちらで暖簾を掲げていて、「A級だろうがB級だろうが、ウマかもんなら任せんしゃいっ!」的ムードでお客さんを迎える穴場のグルメタウンなんです。これまで天神や博多駅周辺に流れていた人たちも、噂を聞きつけてか、ここで夜を過ごすようになってきて、「お財布ば泣かせても、胃袋ば笑わせられれば問題なか」とばかりに、連日賑わっています。そんな中で特にご紹介したい人気店があります。

今回うかがうお店の名前……の前に、まずは場所のおさらい。福岡の中心街・天神からも博多駅からも車で10分ほど。白金・高砂エリアはアクセスも抜群のエリアなんです(いいお店が集まるのもうなずける)。

で、今回ご紹介するお店があるのは、そんな白金エリアの真ん中あたり。バスでお越しの方は、渡辺通り沿いのバス停「高砂」で下車。電車でお越しの方は、「西鉄薬院駅」で下車し、渡辺通りを目指して歩いたら「ホテルニューオータニ」を右折して南下。10分ほど歩くと「高砂」のバス停を見つけることができるはずです。ということで、断然わかりやすいバスかタクシーでのお越しをオススメします。

ちなみにお店は、渡辺通りの「高砂1丁目」交差点から右折した先にあります。

目印は、昭和な風情が漂う茶色の外観。しっかりアピールしているので、迷わずたどり着けると思います。

と、ここでお店の名前の発表です。

その名も「煮こみ」

な、なんと料理名、いや、調理法をそのまま店名にしてしまうという大胆さ! “看板メニュー”とはまさにこのこと。

とにもかくにも自慢の一品なんでしょう。お店に入る前から、頼むメニューがひとつ決まりました。

ということで、期待を胸にお店の中に。こちらが奥に長く広がる店内の風景です。

煙モクモクのホルモン店を想像していたのですが、いい意味でイメージを裏切ってくれています。実に清潔感に溢れています。

「女性でも安心して立ち寄れるように」という心配りがグッドです! ちなみにカウンターをはじめ、内装はすべてスタッフの皆さんの手作り。素朴さやあたたかさが伝わってきて、料理への期待もますます高まります。

テーブル席には、ゆったりと寛げそうな大きめのソファ。思わず長居しちゃう人も多いとか……。のんびりしすぎて、終電には気をつけてくださいね。

さて、福岡でホルモンといえば「もつ鍋」。1990年代に巻き起こった第一次ホルモンブームの頃は、それはそれは福岡中にもつ鍋店がひしめき合っていたんだそうです。そんな第一次ホルモンブームも2000年頃には徐々に落ち着きをみせてきて、……という時代に、この「煮こみ」は開店しました。「うまかホルモンば食わせる店で一旗揚げちゃろ 」と、もつ鍋ではなくあえて「もつ煮込み」で勝負に出たこのお店。

創業当時から変わらず、ホルモン料理の直球勝負。絶品ホルモンをごまかしなしの調理法で提供することが、このお店の流儀だそうです。「とにかくホルモンは鮮度が命。新鮮なホルモンを使うことがおいしさの基本」と、仕入れ状況が思わしくなかったらお店を休んでしまうほど、ホルモンの質へのこだわりを徹底。肉質を良く吟味し、部位に合わせて丁寧に丁寧に下処理。できるだけ新鮮な状態をキープしたままテーブルへと届けてくれます。つまり、食材への思いがおいしさの秘訣とあって、実際、良質なホルモンが手に入らない時には1週間休業したこともあったそう。なんという料理人魂でしょう!

ちなみに主に鹿児島県産の黒毛和牛のホルモンを使用しているそうです。

それでは、ホルモン尽くしのフルコースと参りましょう!

まずは、お店の代名詞的メニュー「もつ煮こみ (700円)」から。

レシピは牛の小腸、豆腐、九州産の特製ブレンド味噌だけと、いたってシンプル。あれ、水は使わないんですね? そうです。この「もつ煮こみ」は具材から出る水分のみで、水は使わないんです。だから味が深いというわけ。おいしさの決め手は、煮込み時間……と、ここからは先は秘密とのことでした。

と、前置きはこのあたりにして、まずは、ひと口パクリ。ん!? とろっとろ、ふわふわ。噛まずにとろっととろけるホルモンと、ふわふわの豆腐が口の中で一体となって、そこにお肉の旨味がじゅわ〜。これは、お酒にも白飯にも最高のパートナーです!

酒場で求めたい“THE肴”たる王道を極めながらも、その味わいはハイグレード。「そりゃ店名にもなっちゃいますわ」な美味です! 最後の晩餐ならぬ、最後の晩酌に選びたいと思う逸品です!

続いての料理は……、

出ました! ワタクシの大好物「特上ホルモン焼 (850円)」の登場です!

この「特上ホルモン焼」は「もつ煮こみ」と双璧をなす人気メニュー。

見てください! このときめくフォルム。

まるで白い花のようじゃありませんか!?

そして、肉好きを喜ばせるビッグサイズ!

例えるならば、ちょっと大き目のシュウマイくらいでしょうか。

熱々のうちに、ひと口で頬張ってみてください。

肉汁が、お口の中で弾け出します。

食べ方は、ポン酢or塩。

まずは大将オススメの食べ方、塩でいただきま〜す。

さすが特上というだけのことはあります。

これぞキング・オブ・ホルモン!!

旨味のゴリ押しなどではなく、上品な脂の甘みがじわりじわり口の中を喜ばせてくれる感じで、臭みやエグミは一切ありません。

ホルモン特有の重たさも感じず、少し冷めたとしてもグニグニというあの食感はなく、滑らかに舌で溶けていきます。

悶絶!!!

コラーゲンたっぷりで、実は低カロリー。

美容効果も期待できると、女性の心もばっちりとつかんでいるホルモン。さらにこのハイグレード・ホルモンだったら、もう言うことなしでしょ!

と、言ってるそばからなになに?

野菜も食べたい?

▲大根漬け (お通しとして+50円)

なんとこのメニュー、低価格なのに食べ放題。

さっぱりとしたお酢の味とほのかに甘い味付けが舌を休めてくれつつ、実はこれだけでもお酒が進んじゃう美味しさ。

ワタクシ、このメニューだけで焼酎一本イケちゃいそうです。

先ほどの「大根漬け」もそうですが、「ホルモンの相方」的サイドメニューもご紹介。

お店のオススメはこの「チーズやっこ(400円)」

濃厚なオーストラリア産のクリームチーズに鰹節と醤油をかけた一品で、キャベツにチョイとのせておつまみ感覚でパクリ。お肉の余韻が残る舌を一休みさせてくれます。

ほかにはサラダ(500円)をはじめ、トマト(300円)、きゅうり(300円)、山芋短冊(400円)といった野菜メニューもあります。

また、生ビール(400円~)はもちろん、日本酒(300円~)、焼酎(300円~)、各種カクテル(500円)そして、赤・白ワイン(400円)まで、お酒もリーズナブルで多種多様に揃っています。

「栄養豊富で活力がつく」として名付けられたという説もある「ホルモン」ですが、ギリシア語では「呼び覚ますもの」「興奮させるもの」の意味で使われているのだそう。

なんてうんちくはさておき、「煮こみ」のホルモンが明日への元気を呼び覚ます美味だということは間違いないですね。

※ 金額はすべて消費税込です。

お店情報

煮こみ 白金店

住所:福岡県福岡市中央区白金2-1-24

電話番号:092-521-2539

営業時間:月曜日~土曜日 18:00~翌3:00(LO 翌2:00)

日曜日・祝日 17:00~翌2:00(LO 翌1:00)

定休日:ほぼ無休(市場次第)

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/strJ000555256/


書いた人:

マツータケシ

福岡在住。某出版社を経て、フリーのカメラマン&ライターとして活動中。好きな言葉は「一日三度のメシ」。福岡の安くてうまい穴場を発掘することにはまっている。

関連記事リンク(外部サイト)

福岡の朝といえばこのお店! 朝から海鮮づくしも悪くないでしょ【おきよ食堂】
博多の台所に穴場のごはん処!?名物は市場クオリティの絶品海鮮丼【柳橋食堂】
ランチにするべきかお茶するべきか。葛藤間違いなしのこだわりカフェ

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP