体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「この人、西島秀俊さんじゃありません。全然知らない人です」衝撃ミステリー『クリーピー 偽りの隣人』フェイク予告編

IMG_0425

6月18日(土)より公開となる映画『クリーピー 偽りの隣人』は、西島秀俊演じる主人公の「高倉」とその妻が、香川照之演じる奇妙な隣人に翻弄されていく姿を、天才・黒沢清監督が描いたサスペンス・スリラー。

ポスターや、予告編で使用されている、「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」というセリフが非常に印象的で、この映画が持つ恐怖を体現している言葉とも言えます。

筆者は一足お先に拝見しましたが、この不気味さ、奇妙さ、面白さは是非皆様に味わっていただきたい! 黒沢監督らしい美しさと恐ろしさが融合した映像、演出、そしてキャスト陣渾身の演技が見事に調和され、恐いのに笑っちゃう、キモすぎて惹かれちゃう見事な作品となっているのです。

今回は、主演の西島秀俊さんを直撃。本作の魅力についてお聞きしました。

虹岡様4

―本作、非常に楽しく拝見させていただきました。共演の香川照之さんの迫力はものすごかったですね。

西島秀俊:本当に凄かったですね。この男怪しいな? と感じさせてから、本当は良い人なのかも? と一瞬思わせるあたりが絶妙で。ドアップの演技も多いですし、映画館で観ていただけると、特にものすごく迫力があると思います。

―妻役の竹内結子さんも素晴らしく、ラストの“声”は思い出すだけで鳥肌が立ってしまいます。

西島秀俊:竹内結子さんがああいった表情・声を出されるのは本当に驚きですよね。映画の最初から徐々に憔悴していく所も、非常に素晴らしく表現されていて。

―香川さんと西島さんは共演作が多く、竹内さんとは『ストロベリーナイト』に次ぐ夫婦役でした。お2人のこれまでとは異なる面はどんな所でしたか?

西島秀俊:……。ところで『クリーピー 偽りの隣人』ですが、僕はラストに驚かされました。違う終わり方をして、今度に続いていくストーリーになるかと観ながら予想していたので。とても面白い作品だったので続編も期待してしまいます。

―(あれ、質問の答えが違うな?)確かにラストには驚かされました。特に原作小説とは少し変えて描いているので、ミステリーファンの皆さんも楽しめる映画になっていると感じました。

西島秀俊:原作はまだ読んでいないので、このインタビューの帰りに買っていこうと思います!

―(この西島さん、なんかいつもより普通の人っぽいな)本作は黒沢清監督の独特の演出が感じられる場面がいくつもありますが、西島さんがお好きな黒沢作品はございますか?

西島秀俊:実は……。僕、映画は大好きなんですけど、邦画ってほとんど観ないんですよ。

―(えっ、西島さんって映画を年間に300本観る事もあるほどの映画ツウのはず。何かがおかしい……。もしかして?!)

「この人、西島秀俊さんじゃありません。全然知らない人です」

IMG_0430

と、いうワケで、今回取材にご協力いただいたのは、西島秀俊さんの顔マネがソックリと話題「全くモテない西島秀俊」こと、芸人の虹岡誠さん。西島秀俊さんになりきってインタビューに応じてくれました。

ちなみに、虹岡さんが西島さんのモノマネをする様になったきっかけは、先輩芸人のアドバイス。ドラマ『MOZU』の頃から始めたそう。「自分では全く似ていると思わなかったのですが、モノマネ番組で笑いをとる事が出来て、それからはダイエットして体系を近づけ、髪型もキープしています」と虹岡さん。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy