体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Aピラーの角度だけで考える(?)炎のオープンカー選び!

▲昔のオープンカーはこのとおり頭上に広~い青空が広がっていたものですが、最近のオープンはどれもAピラーが非常に寝ているため、青空も拝みにくい状況に……

▲昔のオープンカーはこのとおり頭上に広~い青空が広がっていたものですが、最近のオープンはどれもAピラーが非常に寝ているため、青空も拝みにくい状況に……

球場も車も「屋根なし」は本当に気持ちいい!

我が東京ヤクルトスワローズを応援するため、本拠地・神宮球場(正式名:明治神宮野球場)へ日参するのが本当に気持ちの良い季節がやってきた。……なんつってるうちに梅雨に入ってしまい、それが明けると死ぬほど暑い夏がやってくるわけだが、それでも、神宮球場での野球観戦は最高だ。

神宮の何が最高って、やはり「屋根がないこと」に尽きるのだろう。

太陽が傾いてきた頃スタンドへ入る。その時点では一塁側は西日がけっこうキツくて暑いのだが、まぁ選手らの練習風景をのんびり眺める。そうこうするうちにプレイボールとなり、気がつけば涼しい夜風があたりを吹き抜け、そして顔を上げれば空には一番星、二番星。で、「あ、お姉さん、こっちにもビールお願いします」とかなんとか。……この風情というか何というかは、近年主流のドーム式球場では絶対に味わえない、素晴らしきものである。

それと同様に、「オープンカー」も本当に素晴らしい。

神宮球場と似た不便さ、すなわち夏はトップを降ろすと暑くて死にそうになるとか、雨が降るとちょっと困るとか、そういったものは当然ある。しかしそれでも、あえての繰り返しになるが、気がつけば涼しい夜風があたりを吹き抜け、そして顔を上げれば空には一番星、二番星……という風情を一度でも体験してしまうと、もう「オープンカーがない生活」など想像もできない人間ができあがる。

▲東京ヤクルトスワローズ選手たちの試合前練習風景。神宮球場一塁側ブルペンシートより筆者写す。こういった夕暮どきや、心地良い風が吹いて星がまたたく夜の神宮は、ホントにオススメの場所です

▲東京ヤクルトスワローズ選手たちの試合前練習風景。神宮球場一塁側ブルペンシートより筆者写す。こういった夕暮どきや、心地良い風が吹いて星がまたたく夜の神宮は、ホントにオススメの場所です

とはいえ最近のオープンカー、ピラーがちょっと寝すぎでは?

そんな素晴らしいオープンカーだが、最近のそれにはいくつかの疑問もないわけではない。一つは、Aピラーの角度だ。

様々な理由でそうなっているのだろうから、言っても詮ないことではある。しかし最近のオープンカーはとにかくAピラーの傾斜がキツすぎだ。往年のオープンカーであればAピラーが比較的切り立っていたため、当然ながら「見上げれば、そこは空」だったわけだが、近年のオープンカーはAピラーならびにフロントウインドウがかなり傾斜しているため、下手をすれば「見上げれば、そこは空じゃなくてフロントウインドウ」ということにもなりかねないのだ。

またもう一つ気に入らないのが、いわゆる「クーペ・カブリオレ」の隆盛だ。もちろんあれを気に入らないと言っているのは筆者の勝手で、客観的に見れば非常に便利かつ快適な文明の利器である。しかしどうしてもそこに、まるで「開閉ドーム式球場」のような、「もちろん便利なんだけど、果たしてどうなんだろうなぁ……」という何かを感じてしまうのである。偏屈ですみません。

ということで、どれだけ賛同を得られるかは完全に謎だが、筆者はここに「オープンカーはAピラーの角度で選ぶべし!」という運動をブチ上げたいと思う。車選びというと動力性能がどうしたとか、居住性や燃費がこうしたという観点で考えるのが一般的だが、そこは完全に無視して「Aピラー角」だけで決めるのだ。暴論ではあるが、そこには何らかの本質があぶりだされる可能性がある。

▲「見上げればそこはフロントウインドウ」というのはちょっと大げさかもしれないが、近年のクーペ・カブリオレはAピラーの傾斜がキツいため、開放感にやや欠けるのは事実でありましょう
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。