ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東出昌大が羽生善治になりきり! “羽生メガネ”も譲り受け挑む映画『聖の青春』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
追加キャスト発表_メイン_クレジット入り

100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖(さとし)を題材にしたノンフィクション映画『聖の青春』。

主人公・村山聖に、人気実力を兼ね備える俳優・松山ケンイチさん。そして、聖の最大のライバルであり、松山ケンイチ自身が本作の“ヒロイン”であると語る羽生善治さんを、東出昌大さんが演じる事が明らかになりました。

東出さんは、実在し、今なお棋界の頂点で活躍する人物という難しい役どころを、精神・肉体面の両方からアプローチ。劇中の“羽生メガネ”は、羽生善治氏本人が1996年に史上初となった七大タイトル戦七冠独占達成時に実際にかけていたものを、東出さんが羽生さん本人から譲り受けたものなのだとか。

徹底した羽生研究を行い、羽生本人と瓜二つの姿で撮影現場を驚きの声に沸かせたそう。村山聖=松山ケンイチvs羽生善治=東出昌大両者が実際の棋譜を覚えての2時間半に及ぶ長回し撮影に挑んだ緊迫感&臨場感溢れる対局シーンは本作の最大の見どころ。東出さん、羽生さんからのコメントは以下のとおり。

【東出昌大さんコメント】
Q:本作の出演オファーを受けられた際のお気持ち(原作・脚本をお読みになって感じられたことなど)
とにかく素晴らしい原作と脚本で、現場に入る前からこの作品に携われることに大きな幸福感と闘志を抱いていました。

Q:羽生善治役を演じられて、役づくりについて
先ず、羽生さんが七冠を獲った頃に、実際にご本人がお使いになられていた眼鏡をご本人からお借りできたことが、大変有り難く、幸運でした。あとは全て「見てからのお楽しみ」です。

Q:撮影についてお聞かせください
クランクイン初日、色々な想いの中、街中で立ち尽くすシーンで、監督が演出に来て「芝居をするな」と仰言ったのが強く記憶に残っています。

Q:村山役松山ケンイチさんとの共演について
元々、尊敬する大先輩だったので、松山さんとのお芝居の中で過ごせた時間が自分の宝になりました。

Q:完成した本編をご覧になられて
言葉にならなかったです。

Q:公開を待つファンの皆さんへメッセージをお願いします
この作品には、人生、青春、生きがい、誇り、尊い多くのものが映っています。一人でも多くの方に観てもらいたい。月並みな事を言うようですが、切に思います。

【羽生善治さんコメント】
村山さんの生き様を描いた聖の青春が映画化されると聞いて、彼の存在の大きさを感じました。自分も出てくるので気恥ずかしいところもありますが東出さんに演じて頂いたのはとても名誉な事だと思っています。 将棋を知らない人達にも楽しんで感じて観てほしいと思います。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。