ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『黒い豚カレーうどん』とどう違う? 新発売『黒い豚カレー焼そば』を食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


6月8日、マルちゃん(東洋水産)『黒い豚カレーうどん』がデザインリニューアルするとともに、『黒い豚カレー焼そば』がシリーズに加わった。

そこで新発売した『黒い豚カレー焼そば』を食べてみた。

‘ご好評いただいた’昨年夏

『黒い豚カレー焼そば』は、昨年夏にも販売しており、同社の発表には‘ご好評いただいた姉妹品’とある。それ以前に『黒い豚カレーとろつゆ焼そば』を発売していたこともある。

筆者も『黒い豚カレー焼そば』を食べた覚えはあるのだが、あいにく覚えていない。そこで新たに味を確認すべく食べてみた。

通常は類似商品を食べ比べてみるのだけれども、似たような商品が入手できなかったため、姉?の『黒い豚カレーうどん』を一緒に食べてみた。

具の量に違いが

“姉妹”と言うだけあって、外見は似ているものの、中身は少々異なる。

『黒い豚カレーうどん』が内容量87グラム(麺66グラム)に対して、『黒い豚カレー焼そば』は内容量112グラム(麺90グラム)だ。

『黒い豚カレー焼そば』は、粉末と液体の2つのソース。肉などのかやく(具)は『黒い豚カレーうどん』が多めだった。

カレーのほのかな香り

『黒い豚カレー焼そば』のゆで上がりはこんな具合。

この時点では、特に香りは感じられないものの、‘油揚げ麺’の原材料名には、‘食塩、醤油、香辛料’とあるので、何かの工夫をしていそうだ。

両者の完成品はこちら。カレーの香りが食欲をそそる。

食べ比べてみると

まずは『黒い豚カレー焼そば』から。

全体からカレーの良い香りが上ってくる。『黒い豚カレーうどん』と異なり、麺は焼きそば特有のちぢれのある麺だ。それだけにカレーの味がしっかり絡んでくる。

具が豚肉とニンジンだけなのはやや寂しいものの、その豚肉が大きめなのはうれしい。

対して『黒い豚カレーうどん』は、まさにカレー!

太いうどんながらも、とろみのあるつゆがしっかり絡むことで、口の中がカレーで一杯になる。

直接味につながるわけではないだろうが、ニンジンの赤やネギの緑は食欲をそそる。

『黒い豚カレーうどん』と『黒い豚カレー焼そば』を比べた場合、『黒い豚カレー焼そば』はカレーの存在感が控えめだ。

焼きそば好きな人が、変わり種として『黒い豚カレー焼そば』を食べる分には十分満足できるはず。

けれどもカレー好きな人が「おっ、カレーだ!」とばかりに『黒い豚カレー焼そば』を食べると、少々肩透かしになるかもしれない。

こうした点を覚悟しつつ、機会があれば、皆さんもどうぞ。

東洋水産『黒い豚カレーうどん』リニューアル発売、『黒い豚カレー焼そば』新発売のお知らせ 
http://www.maruchan.co.jp/news_topics/entry/2015/05/post_1091.html

※写真は全て著者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: keisen) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP