ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】漫画「ハンター×ハンター」の作者・冨樫義博先生 / 寝ながら執筆! うつ伏せで漫画を描いていた事が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

hunter-x-hunter1

週刊少年ジャンプで連載中の漫画「ハンター×ハンター」(HUNTER×HUNTER)。誰もが驚愕するストーリー展開と伏線に定評があり、世界中に多くのファンがいる日本を代表する漫画作品である。アニメ化、映画化、ゲーム化など、ほぼすべてのエンターテインメント分野に作品の幅を広げている人気作品だ。

・カリスマ的人物
そんな「ハンター×ハンター」の作者といえば天才漫画家と呼ばれている冨樫義博先生だ。ごくたまに休載することはあるが、ファンとしては「描いてくれるだけありがたい」という状態になっている。特に最近の「ハンター×ハンター」はファンが泣いて喜ぶ展開になっており、大きな注目を集めている。それほどカリスマ的人物なのである。

・うつ伏せになって描いていた
そんな冨樫義博先生だが、実は、寝ながら漫画を描いていたというのだから驚きだ! しかも、単に寝ながら描いていたわけではない。なんと、うつ伏せになって描いていたというのである! 腰痛のため休載をすることがあった冨樫義博先生だが、うつ伏せで漫画を描いていたのはそのためか!? この件に関して、週刊連載経験のある漫画家は以下のように語る。

・漫画家の声
「寝ながらネーム(構成)を描くことはあるけど、ペン入れ(本番)はうつ伏せなんて絶対に無理だなあ。いや、一度や二度ならいいよ。でも週刊連載でそれやったら、肩と首に負担がかかって体壊すよ。冨樫先生は腰痛がつらくて、仕方なくうつ伏せで描いてたんじゃないかな? うつ伏せもツライけど、座って描くよりマシ。と思ってたのかも。いや、逆にうつ伏せは腰痛に良くない気がするが……。いや、むしろ良いのか? 理解できない。そもそも私は寝ながら描かないのでよくわからない領域です」

hunter-x-hunter3

・「幽☆遊☆白書」もうつ伏せ描きか
いまの「ハンター×ハンター」もうつ伏せで描いているのか!? と思った人もいると思うが、腰痛の悪化のせいか、または身体の変化のせいか、最近はうつ伏せで描きたくても描けなくなっているようだ。

20代のころはうつ伏せで漫画を描いていたらしいので、少なくとも「てんで性悪キューピッド」や「幽☆遊☆白書」、「レベルE」までは、うつ伏せで描いていたことがあるようだ。冨樫義博先生は最近になって寝たきり状態から復帰し、順調に連載を続けている。これからも無理をしないで頑張ってほしいものである。

もっと詳しく読む: ハンターハンター作者 / うつ伏せで漫画を描いていた(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/06/16/hunter-x-hunter-jump/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。