ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鍵盤の上を人形が歩く!MITメディアラボが開発したピアノ習得システム「Andante」が新しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鍵盤の上を、自由に動く人形たち。

MITメディアラボ、Tangible Media グループは、ピアノを習得するための画期的なシステムを開発。音階をアニメーションで可視化する、「Andante」を発表した。

・テンポとリズムをアニメで表現

「Andante」の目的は、正確なテンポとリズムを学ぶことにある。一般的な練習法は、メトロノームや足のタップなど、機械や自身の体を使ってリズムを刻むというもの。ピアノを習い始めたばかりの頃なら、これで十分だ。

しかし、音大生やプロを目指す人間には不十分。さらに、バロック、ジャズなど、スケールや音の強弱が複雑なスタイルになると、この方式では習得しきれない部分も出てくる。

「Andante」では、単純なスケールの習得からベースラインの伴奏、カノンのような複雑な様式の演奏にも対応。リズムとテンポを表すのは、鍵盤の上を歩く人形。キーの音をセンサーに、鍵盤ふた部分にアニメが浮かび上がるので、そう見えるのだ。

・衣服や体型のチェンジも自由自在

演奏方式が複雑になるほど人形は増え、その動きも活発になっていく。キャラクターの変更は、自由自在。衣服や体型のチェンジはもちろん、人間からダチョウに変化させることもできる。

初心者からプロレベルまで、ターゲットも幅広いこのシステム。現在はまだ、プロトタイプの段階。音楽を真剣に学ぶ学生たちのために、1日でも早く世に出ることを期待したい。

Andante/MIT Media Lab

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP