ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅に気象観測所を作れる「WeatherFlow」、スマホに連動し情報を即座にゲット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

異常気象に悩まされる昨今。メディアでも予測しきれず、突然の天候の変化になす術もなく、という状態が続いている。

それなら、家の中に観測所を作っちゃおう。ということで開発されたのが、この「WeatherFlow」。天気予報に頼らず、家の中で天候および環境条件に関する正確な情報を取得。日常生活に役立つ、ホームユースのスマートウェザーステーションだ。

・天候に関するあらゆる情報を正確に検知

本品は“AIR”と“SKY”、2つの機器で構成されている。

“AIR”には、日々の温度と湿度、気圧計測の他、雷を検知する機能も実装。嵐が近づくと警告を発し、ユーザーに通知するシステムを備えている。設置場所は、日陰であれば屋内外を問わない。

“SKY”には、独自技術による革新的なセンサーを搭載。太陽光、風速とその方向性、降水確率、UV指数といった、天候に関するあらゆる情報をリアルタイムで検出する。測定の精度を高めるため、設置は屋外。専用のポールに接続して、屋上など見晴しのいい場所に立てて使用する。

・スマートプラットフォームとも連動

両機とも、Bluetooth接続のワイヤレス。バッテリー寿命も長く、設定も簡単。日々の管理はもちろん、アプリでできるようになっている。

デバイスはまた、ポピュラーなスマートプラットフォームとも連動。日没に合わせてライトアップしたり、強風に備えてガレージを閉めるなど、日常生活に役立つ多彩なシステムを提供している。

製品は現在、Indiegogoで公開中。プロジェクトは、7月15日まで継続される。プレオーダーは、169ドル(約1万7900円)から。特に農家の人などは重宝しそうだ。

WeatherFlow/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP