体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年の浴衣メークは“レトロ”がトレンド! 美シルエットのヘアアレンジも[オタ女]

生活・趣味
1951_n1y99_121

浴衣シーズン到来! 自宅で着付け出来て、花火大会や夏祭り以外にも着ていける手軽さが魅力的です。最近では、アミューズメント施設やビアガーデンなどで、ゆかた着用者に対する特典が用意されていているので、「浴衣女子会」なんていうのも素敵ですよね。筆者も昨年浴衣を着てビアガーデンやらワインバルやらに出かけましたよ。

しかし、マンネリかつコンサバになりがちなのが和装の弱点。浴衣に今年っぽさを取り入れるには、どんな所を工夫すれば良いのでしょうか? 和装を得意とし、著書『鎌田由美子 着物ヘアメイクの発想: SHISEIDO KIMONO BEAUTY』を発表した資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト鎌田由美子さんによる、「ゆかたメーク」のトレンドテクニックと、自分でも挑戦できる「ゆかたヘア」のポイントをご紹介します。

“レトロポップ”&“レトロ ロマンティック”なゆかたメーク

古典的なゆかたが人気の今年は“レトロ”を鍵と捉え、「昭和レトロ」「昭和クラシック」「大正ロマン」といったテイストを取り入れた、ゆかたファッションに合うおすすめのメークがこの2パターン。

1951_n1y99_411 1951_n1y99_421

【目元】トレンドのブルーで“レトロポップ”な涼しげブルーアイズ
ブルーやグリーンのアイシャドーを、太目のアイライン風にワンポイント入れて、ゆかたファッションにアクセントを加えます。

1:ブルーのアイシャドーを細いチップに取り、目尻をポイントにまぶた1/3のところからすっと引き上げるように描く。
2:ゴールドのアイシャドーを下まつげの根もとに軽く入れ、瞳にきらめきを与えます。マスカラは、軽やかにつけ、ブルーのアイカラーを引き立てます。

このアイメークには肌の色になじむ軽やかなルージュがおすすめです。唇の全体にルージュを直接つけたあと、中央部分にだけグロスをつけてつやをプラスします。
チークは、レッド系で頬の高めの位置につややかに入れると、イキイキとした雰囲気になります。

1951_n1y99_511

【口元】赤を軽やかにキメる“レトロロマンティック”なふんわり赤リップ
洋服とは違い特別感のあるゆかたには、今年は赤色のルージュをトレンドのテクニックで取り入れるのがおすすめです。普段なかなか赤色を選ばない方にも、特別感のある和装のときには挑戦しやすく、ぐっと気分も高まります。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会