ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Salyu&小林武史、いよいよ待望の新しいオーケストラ公演へ Salyuコメントも到着!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年秋、音楽シーンの大きな話題となったのSalyu自身初のフルオーケストラ競演。その大きな反響を受け、いよいよ今月19日、新しいオーケストラ作品群を加えた新たな公演がスタートする。

 公演直前、Salyuのメッセージには、オーケストラとの共演への特別な想いと、新しい公演への喜びと感謝の気持ちに満ち溢れる。演奏作品は「楽しみでたのしみでしかたがない!」と、Salyu自らが選曲。「コルテオ~行列~」「プラットホーム」「to U」など、Salyuの代表曲はもちろん、「青空」「LIFE(ライフ)」など、新オーケストラ作品にも注目が集まる。

 管弦楽の壮大かつ華麗な旋律のなかで新しい響きを生み出すSalyu&小林。作品の深遠を鮮やかに表現するSalyu独自の歌声と、小林武史のピアノが導く色彩豊かな音色に溢れた世界が、Bunkamuraオーチャードホールの舞台に降り注ぐ。デビュー10周年を越えて、さらに新しい音楽領域に挑むSalyuが、多彩な響きに満ちた音世界をダイナミックに創出する。

◎Salyuコメント

私にとって
オーケストラとの共演は
生涯を通じても
何度もはない
貴重な経験の場です。
再演のこの機会。
心からの感謝と
喜びの想いを歌声に変えて精一杯お届けします。

6月13日 Salyu

◎公演概要
【Salyu with 小林武史 Premium Symphonic Concert 2016】
2016年6月19日(日)東京・Bunkamuraオーチャードホール
開演 17:00
出演 Salyu、小林武史
指揮 柴田真郁
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団
チケット 8,800円(税込・全席指定)
※プログラム、オリジナル クリアファイル付
URL:http://billboard-cc.com/classics/

関連記事リンク(外部サイト)

「楽しみでたのしみでしかたがない!」 Salyu&小林武史、新オーケストラ作品が明らかに
日本初のポップス・ロック×オーケストラ公演音楽祭【billboard classics festival 2016】がいよいよ幕開け ~玉置浩二、小林武史他総勢12名の豪華ソリストが出演~
「ビルボード・クラシックス・フェスティバル」明日2/13よりチケット一般発売 玉置浩二、八神純子、佐藤竹善、中島美嘉、Salyu with 小林武史がフルオーケストラ共演

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP