ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Bluetooth対応のスマート歯ブラシがPhilipsから登場!アプリで磨きの残しをチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

毎日歯磨きしても、いつの間にか虫歯になってしまう。定期検診のたびに、歯磨き方法を指導される。そんな人の強い味方となりそうな歯ブラシが家電メーカーPhilipsから来月発売される。

各種センサーを搭載し、磨き残しがないか、ブラッシングが適度な強さがどうかなどをアプリでチェックできる「Sonicare FlexCare Platinum Connected」だ。

・歯磨きを客観的に

Philipsはこれまで、電動歯ブラシ、超音波歯ブラシなどを展開していて、今回はFlexCareシリーズの最新機種となる。

最大の特徴は、Bluetoothに対応し、歯磨き状況をアプリ(iOS、Android)で客観的にチェックできること。

自分ではきちんと磨いているつもりで、奥歯や歯間などブラシが届いていないことがあったりするもの。今回の歯ブラシでは、そうした磨き残しを防ぐことができる。

・ブラッシングの強度もチェック

具体的には、ユーザーの口の中の3Dマップがアプリに作成され、歯磨き状況がリアルタイムに表示される。そして2分間の歯磨き後、磨き残し箇所があるかどうかがわかる。

また、ブラシをあてる強度を感知するセンサーも内蔵しているので、どの部分を磨く時のプレッシャーが強いか、歯茎が傷まないようチェックしてくれる。

最先端技術が詰まったこのPlatinum Connected、お値段は200ドル(約2万1000円)と歯ブラシにしてはかなり高価。しかし、虫歯の治療代や、治療に伴う苦痛、デンタルクリニック通いの煩わしさなどを考えると、その価値はあるのかもしれない。

Sonicare FlexCare Platinum Connected

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP