ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どこを見てもカエル! ガマ記念館でゲコゲコとランチをしてきた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:mesitsu_lc:20160516210453j:plain

カエルの歌が聞こえてきすぎるお店を発見しました。店内、どこを見渡しても、カエル、カエル、カエル!

その名も「ガマ記念館」

梅雨時期ジメジメだからこそ、

ここは思い切ってカエルの世界でご飯を食べてみませんか?

館内には日本はもとより、世界中から集めたカエルがズラリ!

コレクションはなんと1万点以上!

さらに 個性派の館長!

緑一色の空間で、ランチはいかがでしょう。

札幌市の住宅街にある穴場中の穴場をご紹介します!

やってきたのは札幌市手稲区

f:id:mesitsu_lc:20160516210439j:plain

ジメジメ梅雨時。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

マニアックなお店 に突撃するのが大好き、メシ通レポーターの裸電球です。

梅雨がないと言われる、からりとした北海道から、

しっとりとした情報をお届けしますよ。

カエルだらけの喫茶店があるという噂を聞きつけ、やってきたのは札幌市手稲区。

なんでも世界中から集めたカエルが、所狭しと並んでいるお店があるというのです。

その名も「ガマ記念館」というゲコゲコしたお名前。

手稲駅からバスに乗って向かいます。

f:id:mesitsu_lc:20160516210514j:plain

手稲駅前を離れ、住所を頼りに向かいますが、まわりはのどかな住宅街です。

こんな閑静なところに、

カエルに埋め尽くされた喫茶店 があるとは思えないほどです。

一軒家の2階に看板を発見

f:id:mesitsu_lc:20160516210510j:plain

ありました! 「ガマ記念館」の文字です!

しかし、まさに「家」といった雰囲気。

中を改装しているのでしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20160516210515j:plain

f:id:mesitsu_lc:20160516210509j:plain

ちょっと! 勘弁してくださいよ!

外観だけでもいじるところがいっぱいで、なかなか店内に入れません。

重厚な石でできたカエルのタワーです。

まさに「ガマ記念館」への登竜門。

入店する際の「勇気」を試されているような感覚です。

いざ、カエルワールドへ潜入!

f:id:mesitsu_lc:20160516210503j:plain

うおおおお!玄関はカエル、カエル、カエル!

どこを見てもカエル、カエル、カエル!

怖気づいてカエル?

いやいや!

帰りたくなる衝動を飲み込み、いざ、店内へと進みます。

f:id:mesitsu_lc:20160516210507j:plain

こんなにたくさんのカエルを見たのは初めてです。

陶器の置物からプラスチックのオブジェ、さらにはキーホルダーやマグカップなど、カエルをモチーフにしたアイテムが所狭しと並んでいるではありませんか。

f:id:mesitsu_lc:20160516210518j:plain

「いらっしゃいませ〜、ようこそ!」

おおおお!

なんともキャラの濃い、館長の佐藤さんです。

カエルの被りもの!!

ご自身も「ガマ記念館」のコレクションのひとつみたいじゃないですか!

お手製のコスプレに身を包み、雨に喜ぶカエルのような、元気で明るい接客が自慢です。

f:id:mesitsu_lc:20160516210440j:plain

さすが、「ガマ記念館」。運ばれてきたお盆もお水も、カエルづくしでぬかりがありません。

もともと旭川市にあった「ガマ記念館」

f:id:mesitsu_lc:20160519115006j:plain

もともと「ガマ記念館」は北海道旭川市で10年以上前に営業していたお店だそうです。

骨董店を営む、カエルグッズコレクターの浜田さんが館長を務めていましたが、病気のため若くして亡くなってしまい、カエルたちは行き場をなくしていました。

そこに現れたのが現在の館長、佐藤さん。

ちょうど、住宅を改装した喫茶店を営む計画で準備を進めていた矢先、たまたま訪れた旭川市の骨董店で、倉庫に保管されたカエルグッズがあることを聞き、運命を感じて、全て買い取ったのだそう。

f:id:mesitsu_lc:20160516210504j:plain

f:id:mesitsu_lc:20160516210502j:plain

これはまだほんの一部。

カエルをモチーフにした大型の家具などは、公開されていない2階や倉庫に眠っているというから驚きです。

f:id:mesitsu_lc:20160516210506j:plain

佐藤さんと、創業館長の浜田さんに面識はありません。

当時を知るお客さんから、お話を聞くのも楽しみだといいます。

カエルがバラバラに売りに出されることなく、まとまってここにやってきたことを、初代館長も喜んでいるような気がすると、佐藤さんは話します。

ちなみに。

初代館長は被り物をしていなかったので、

「ガマ記念館」は確実に進化しています。

特製の文字に心踊る

f:id:mesitsu_lc:20160516210453j:plain

さて、店内に目を奪われて、すっかり喫茶店だということを忘れていました。

メニューに「がま特製」の文字が。

これは食べるしかありません!

f:id:mesitsu_lc:20160516210447j:plain

▲がま特製ビーフカレー 800円

これまで何杯ものカレーを食べてきましたが、

こんなにあちこちから見つめられる空間は初めて。

f:id:mesitsu_lc:20160516210459j:plain

「蛇に睨まれたカエル」なんて言葉がありますが、カエルだって集団になると、蛇はおろか、人間だってドキドキする威圧感です。

f:id:mesitsu_lc:20160516210448j:plain

この「特製がまカレー」は濃厚な味わいが魅力です。

クリーミーな舌触りで、コクが深く、野菜の甘みも溶けています。旬の野菜も盛りだくさんで食べ応えも十分です。

全国からカエルファンが集まるお店

f:id:mesitsu_lc:20160516210513j:plain

筆者・裸電球も記念にパシャリ。こんなに大きいオブジェもあります。

f:id:mesitsu_lc:20160516210501j:plain

目が慣れてくると、あら不思議。なんだかこの異質な空間が落ち着くんですよね。

f:id:mesitsu_lc:20160516210442j:plain

ここまで大量のカエルが集まるお店は珍しいため、全国からカエルファンが集まるそうです。

みなさんも札幌を訪れた際には、一風変わった喫茶店、「ガマ記念館」でゲコゲコとした時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

※ 金額はすべて消費税込です。

お店情報

ガマ記念館

住所:北海道札幌市手稲区前田10条19丁目9-18

電話番号:090-2879-5367

営業時間:10:00〜17:00

定休日:水曜日・日曜日

ウェブサイト :http://gama724.web.fc2.com/

f:id:hotpepper-gourmet:20160510193753j:plain

書いた人:

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

関連記事リンク(外部サイト)

手稲区役所の食堂がすごい!メガザンタレ定食が住民の胃袋を満たす!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。