体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Slack」に音声通話機能が追加!絵文字にも新機能

Slack2チームコミュニケーションアプリの「Slack」に、音声通話機能「Calls」が正式に加わった。テキストに加え、音声でもチャットすることができ、よりスムーズにコミュニケーションをとれる。

モバイル(iOS、Android)、デスクトップともに利用でき、有料ユーザーはグループによるチャットも可能だ。

・ベータ版経て正式導入

音声通話機能は、3月からベータテスト版が展開されていたが、今回正式に導入された。

Slackは、簡単に言うとビジネスに特化したコラボツール。端末を選ばず、チームメンバーとリアルタイムにコミュニケーションがとれるというもの。

ファイルなどの共有もでき、またプロジェクトごとにチャットルームを設けられるという利便性が受け、日本でも導入する企業は増えている。

Slack・サウンド付き絵文字で意思表示

今回加わったCallsには、通話中に絵文字で意思などを表せる機能もある。

これは、例えばチームで通話によるミーティングをしている最中、議題となっていることに対し、親指を立てているアイコンで賛成の意を表したり、質問があるときには挙手のアイコンでアピールしたりできるというもの。

絵文字にはサウンドがつくが、会話を邪魔することのない音量だという。

ビジネスでは、急を要する時や、文面ではなく直に話して真意を確かめたい場合もある。今回の通話機能はそうしたシーンに使えるサービス。今後ますますユーザー拡大に拍車がかかりそうだ。

Slack

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy