体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キリン『47都道府県の一番搾り研究会』に参加 ピュアな『一番搾り 岩手づくり』に目覚める

キリン試飲会1

6月10日、秋葉原にあるガジェット通信フロアで『47都道府県の一番搾り研究会』研究会が開催、8種類の一番搾りを試飲する機会に恵まれた。

『47都道府県の一番搾り』とは

キリンが製造・販売する『一番搾り』を知らない人は少ないだろう。

国内9工場でビールを製造している同社では、2015年に9工場の醸造家が風土に合わせて、『一番搾り 地元うまれシリーズ』を造った。

こちらが好評だったため、47都道府県のビールを造る企画が2015年秋から始まった。同社スタッフに加え、全国から400人以上の参加者を募り、商品コンセプトを定めるとともにビール製造へとつなげている。

キリン試飲会4

5月10日、第一弾として北海道、愛知など9種類が、6月7日には東京、大阪、鹿児島など16種類が発売。ガジェット通信でも4月に第1回の研究会が行われ、東京づくりに頭ひとつ抜けた人気があったとのこと。

第2回は8府県

今回は、青森岩手秋田千葉信州(長野)静岡京都島根の8府県。

キリン試飲会3

基準となる一番搾り(カップに県名テープのないもの)と比較しつつ飲み、アンケート用紙に、色、苦味、後味などを5段階評価で記入する。写真では色しか伝えられないが、順に紹介しよう。

キリン試飲会2

青森‘熱い想いがあるから、じょっぱるんです。青森の人は。’

キリン試飲会5

青森県民の強情さを表す‘津軽のじょっぱり’の言葉がある。それを表現するとともに、豊かな海の幸との相性を考えたそうだ。

岩手‘どこまでもまっすぐに、どこまでもピュア。それが岩手’

キリン試飲会6

謙虚さや純粋さを込めたのは岩手の一番搾り。岩手県産ホップの華やかな香り、控えめな苦みなどが特徴。

秋田‘練習で、乾杯で、締めで、とことんもてなすのが秋田です。’

キリン試飲会7

秋田は客人を‘もてなす’のを強調。アルコール度数が6%と高め(今回は秋田と青森が6%、静岡が5.5%、他の6府県は5%)で酒好きを満足させることを目指している。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。