体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

篠崎恵美(edenworks/bedrooms)インタビュー

2015_0320_SPRiNG_TU_JELLY_BEANS_5P0A0368-3a

数々のアーティストとのコラボレーション、百貨店でのディスプレイなどでも知られるフラワークリエイター、篠崎恵美。生き物である花の可能性を、独自の感性で広げ、物語を紡ぐ彼女に、花との出会いから創作への向き合い方を語ってもらった。

 

——篠崎さんは文化服飾学院出身なんですね。

篠崎「そうです。デザインを専攻していたんですが、今自分が打ち出したいものを洋服に落とし込んでも、デザインしてパターンを描いて布を選んで、という行程をやっていくと出来あがりに一ヶ月はかかるうえに、発表されるのが半年後になってしまう。その頃にはまた違うことを考えているので、タイムロスがあるのが自分には合わないなと。一度はアパレルに就職したんですが、半年ほど経ってそのタイムロスに違和感を覚えている時に、今はもうないんですが、三宿のGLOBEという花屋さんに『スタッフ募集』という張り紙があるのを見て、そのまま時給も聞かずに面接を受けました(笑)。お花は、市場に仕入れに行って、その日のうちにお客さんに届けるというスピード勝負みたいなところも合っていたんです。私、せっかちなんですよ(笑)」

——幼少時代など、花と多く触れあっていた原風景があるんですか?

篠崎「お母さんはすごくお花が好きで、家の至る所に庭で摘んだお花が飾ってありました。でもそれに興味を持ったこともないし、お花屋さんに行ったこともなかったんですけど、直感でした」

——最初に洋服に興味を持ったのも直感だったんですか?

篠崎「中学の頃は音楽がすごく好きで、吹奏楽部に入っていました。でも個人的にはプログレとか聴いていて」

——え、中学でプログレ!?

篠崎「仲のいい人達がロックが好きで、なんかちょっと変な方向に……(笑)。ミュージシャンがどうやってその音楽性になったのかを、本を読んだり、年上の先輩達に聞いて調べて、音楽とファッションがリンクしているとわかったんです。そこからファッションに興味を持ち始めました」

Charaアーティスト写真 オリジナルプロダクトーFlower Mail

 

——ファッションで学んだことで今に活かされていることはありますか?

篠崎「色彩感覚や自由な発想ですね。反対の色などを組み合わせて調和させるのは結構難しいんですけど、そのバランスだったり」

——確かに独特で、すぐに篠崎さんのものだとわかりますよね。青系が多い印象ですが、お好きなんですか?

篠崎「青は好きです。その時によって好きな色も変わりますが、ブルーや紫系のものは絶対買ってしまいます。最近は赤も惹かれます。あと、まとめあげすぎず、自然に飛び出させるのがすごく好きで。躍動感、生きてるという感じが出るじゃないですか。そのせいか、野性味があるというのはよく言われますね。お花の世界はわりと伝統的というか、正解不正解みたいなのが結構あるんですが、師匠がいなかったこともあり、そういう枠もあまりないんです」

——篠崎さんはどうやって自分のスタイルを作ったんですか?

篠崎「私は完全に独学で、本で学んだり、GLOBEの庭で勝手に切り花や鉢植え、ガーデンデザインなどの実験をして作り上げていったタイプ。GLOBEはイギリス庭園をルーツにしていたので、働いていた6年半の間に、この年代の花器にはどのような花が合うかというのは学びましたね。あと、独立してからですが、一応国家試験を取って、半年間だけですけどお花の産地を知るために市場で夜中にバイトしました。師匠がいないからこそ、自分の作ったものがお客さんに出せる価値があるのかちゃんとわかりたかったんです。それがすごくいい経験になりました」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会