ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初!サンチアゴの地下鉄が来年にも太陽光発電で運行へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリーンエネルギーとして注目度が高い太陽光発電。工場や住宅などに活用されつつある。

その太陽光で、地下鉄を走らせようという取り組みが、チリの首都サンチアゴで始まる。

年内にも発電プラントの建設に着手し、2017年には地下鉄運行に要する電力の60%を賄えるようになる見込みだ。実現すれば世界初の「太陽光地下鉄」となる。

・砂漠近くで発電

米国の太陽光発電メーカー大手SunPowerが、年間300GWh(ギガワットアワー)の電力を、サンチアゴ地下鉄に供給する契約を請け負った。

同社の発表によると、サンチアゴから400マイル離れたアタカマ砂漠の南に100MW(メガワット)の発電プラントを2017年までに設置し、送電する計画。

アタカマ砂漠周辺は雨が少なく、地球上で最も日光量が多い地域のひとつなのだという。

加えて、発電にあたっては、効率を高められるようロボットを使ってソーラーパネルをきれいに保つなどの工夫を施すという。

・太陽光と風力を併用

プラントが完成すると、サンチアゴ地下鉄の運行に必要な電力の60%を太陽光で賄える計算。それとは別に、18%の電力は風力発電によるものとなり、かなりクリーンで地球に優しい地下鉄となる。

SunPowerのCEO、Tom Werner氏は「今後、クリーンエネルギーを活用する動きは世界中で加速するのではないか」と期待を寄せる。

サンチアゴの地下鉄でうまくいけば、他の都市で続く例が出てきそうだ。

SunPower

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP