ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ギョギョ】『ファインディング・ドリー』スタッフが“さかなクン語”でご挨拶! ワールドプレミア開催

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日本でのディズニー/ピクサー歴代興収No.1の『ファインディング・ニモ』。その奇跡の冒険から1年後の世界を描く、続編『ファインディング・ドリー』が7月16日(土)より公開となります。

9日、ロサンゼルスのハリウッド、エル・キャピタン・シアターにてワールドプレミアが開催。製作総指揮のジョン・ラセターを始め、アンドリュー・スタントン監督やアンガス・マクレーン共同監督、ドリーの声優を続投するエレン・デジェネレスらが登場。ジョン・ラセターやアンドリュー監督は、本作の日本語監修を務めたさかなクンの話題に触れ、なんと『さかなクンギョ(語)』で日本のファンに熱いメッセージを寄せました。

『ファインディング・ドリー』は忘れんぼうのドリーが《家族の思い出》を探すため、ニモ、マーリン、ドリーに加え新キャラクターのタコのハンクが、危険がいっぱいの“人間の世界”に飛びだし、ドリーの家族の秘密を巡る大冒険を巻き起こす感動のアドベンチャー・ファンタジー。


ラセターは「日本の皆さんが『ファインディング・ニモ』をどれだけ愛してくれているか知っているし、『ファインディング・ドリー』も同じくらい好きになってもらえると思う。最後に……ギョギョ!」と笑顔。続いてアンドリュー監督も「さかなクン覚えているよ!日本の皆さんも映画を楽しんでね!ギョギョ!」とまさかのギョ挨拶。

またプロデューサーのリンジー・コリンズも「私たちが経験してきたワクワクを皆さんにお届けできて嬉しいわ。ギョギョ!」、共同監督のアンガス・マクレーンも「世界中の人々にこの映画を届けられて素晴らしいよ。ギョギョ!」、エレンも「ドリーを演じるのが大好き!ギョギョ!」とコメントし、『ファインディング・ドリー』チームの仲の良さが伺えるイベントとなりました。さかなクン、すギョすぎるぞ!

また、新しいキャラクターで、ドリーと行動をともにする新たな仲間の謎のタコ・ハンクについてラセターは「タコは水族館などの場所で脱走アーティストで、どこからでも抜け出せると聞いたんだ。そこから、すごく賢いキャラクターにした。また、タコがカモフラージュする姿は、すごく面白くなると思った。抜け出して、迷って、人々から隠れて…とても面白いと思うよ」とその魅力を絶賛しています。

筆者も個人的にとても楽しみしている『ファインディング・ドリー』。『ファインディング・ニモ』を観た時は感動の裏でドリーの過去やこれからがすごく気になっていたので、本作でドリーがもっとハッピーになれるといいなあ。


さかなクンが監修&声優に挑戦!予告編をギョギョッと解説する特別映像

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP