ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「これは新たなフランケンシュタインの物語」 ジェイソン・ブラムが語る蘇りホラー『ラザロ・エフェクト』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
jason

科学的な力で死者を蘇生させた場合に起こり得る、未知の恐怖を描いた映画『ラザロエフェクト』。6/11公開の今作より、製作のジェイソン・ブラムへのインタビューが到着。ホラー通信独占でご紹介いたしますッ。

関連記事:「どうして私を生き返らせたの」 死者蘇生の恐怖を描く『ラザロ・エフェクト』尋常でない予告編

製作会社ブラムハウス・プロダクションを立ち上げ、00年代の数々のホラー映画の製作に携わってきたジェイソン・ブラム。このインタビューでは、『ラザロ・エフェクト』の主演にホラー映画とは縁のなさそうなオリヴィア・ワイルドを起用したエピソードや、『二郎は鮨の夢を見る』を手がけ、今作が初のフィクション映画となるデヴィッド・ゲルブ監督について語っています。また、彼が“ホラー映画を手がけるときに大事にしていること”もどうぞお聞き逃しなく。

動画が表示されない方はこちら


映画『ラザロエフェクト』は6/11より公開です。どうぞお楽しみに!

『ラザロ・エフェクト』概要

<STORY>
研究者フランクと婚約者のゾーイたち研究者グループは「死者を蘇らせる」ことができる「ラザロ血清」の研究に日夜没頭していた。ある日、実験の最中にゾーイが事故で感電死してしまう。悲しみに駆り立てられたフランクは研究員の制止を振り切り、ラザロ血清をゾーイに投与して彼女を死の淵から蘇らせることに成功する。しかし、復活に喜ぶのも束の間、ゾーイの身体に様々な異変が起こり始める。死からの再生という禁断の研究に足を踏み入れた研究員たちを襲う恐怖と絶望のなか、我々は死ぬよりも恐ろしい“死のその先の恐怖”を目撃する―

製作:ジェイソン・ブラム(『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』)監督:デヴィッド・ゲルブ(『二郎は鮨の夢を見る』)
出演:マーク・デュプラス、オリヴィア・ワイルド  配給:クロックワークス 提供:日活
2015年/アメリカ/シネマスコープ/83分/原題:THE LAZARUS EFFECT
公式サイト:Lazaroeffect.com[リンク]

(C) 2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。