ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モジュールで機能を拡張できるAndroidスマートウォッチ「BLOCKS」の一般向け予約受付が開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベルトの各コマがモジュールとなっており、コマを変更するだけで機能を変更・拡張できる Android ベースのスマートウォッチ「BLOCKS」の一般向けの予約受付が同社の公式サイトで開始されました。BLOCKS は、1.39 インチ 400 x 400 ピクセルの円型 AMOLED ディスプレイを搭載した Android Marshmallow ベースのスマートウォッチで、昨年 10 月に Kickstarter での資金調達キャンペーンが実施され、このほど、一般向けにも販売されることが決定しました。BLOCKS では、拡張バッテリー、心拍センサー、GPS、フラッシュライト、プログラム可能なボタンなどの様々な拡張モジュールが提供されています。本体はこのほか、Snapdragon Wear 2100、512MB RAM、4GB ROM、300mAh バッテリー、マイクなどを搭載しています。BLOCKS のラインアップは、リストバンドや本体カラーによって、ブラック、ホワイト、レッドの 3 種類で、いずれも $330 で販売されます。発売時期は 2016 年 10 月で、発送は全世界を対象(送料 $15)にしている模様です。Source : BLOCKS

■関連記事
次世代Bluetooth規格の名称は「Bluetooth 5」、6月16日に発表へ
Motorola、 「Moto 360(2nd Gen)」と「Moto 360 Sport」にAndroid Wear 1.5へのアップデートを配信開始
OnePlus、OnePlus 3で撮影した写真を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP