体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】真の秋葉原通ならココのカツカレー1択じゃね? @『ふくよし』

fuku-curry019_R

秋葉原に引っ越ししたガジェット通信がお送りする“ガジェ通秋葉原制覇”ですが、あえて言おう!

「秋葉原の飯は外周を攻めろ!」

どうしても秋葉原の食と言うと中心部にある“話題の店”を攻めてドヤりがちですが、それでは秋葉原が分かってらっしゃらないと言わざるを得ません。

さんざん調べて食べて歩いて食べて満喫で漫画読んで寝て起きて食べてを繰り返した筆者(YELLOW)ですが、本当に心が震えるような美味しい店は秋葉原郊外に多い事が判明しました。

無論、それらの店はSNSで取り上げられる事も少なく、ひっそりと営業しているのですが、昔からの常連さん達に支えられて営業を続けています。

この様な店を探して公開するのは賛否が分かれる所ですが、まあ遅かれ早かれネットで紹介されてしまう時代なので、それなら筆者がきっちり紹介しておこうと思った次第です。

地元の人に愛され続けている『ふくよし』

fuku-curry000_R

秋葉原で“トンカツ”と言えば、確かに『丸五』は至高の存在です。筆者も食べてみましたが、まさに日本の“とんかつ”のあるべき姿のひとつかと思いました。

しかし!

本当に秋葉原近辺に住まう人達が通う、真のアキバ飯はコチラの『ふくよし』で御座います。

fuku-curry001_R

通りから1本入った路地裏にあるので、まず知らない人は店の看板すら見た事がないレベルのマニアックな店ですが、今でもランチタイムは常に満席になる超人気店で御座います。

『カツカレー』を所望する!

fuku-curry015_R

『ふくよし』はトンカツなどの揚げ物が得意ですが、やはり一番人気は『カツカレー』ではないでしょうか?

fuku-curry009_R

と、言う訳で『ふくよし』の実力を測る為に、ベーシックスタンダードな『カツカレー』(850円)を食べる事にします。

しかも!

この『カツカレー』(850円)は土曜日だと650円、なんと200円引きの650円で食べる事が出来るのです!!

fuku-curry016_R

この時点で土曜日ならば『カツカレー』一択である事は間違いないと言っておきましょう。

『カツカレー』を食べてみた

fuku-curry020_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy