ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ハンバーグ好き必見】まるでユッケ?自分で焼いて食べる肉の塊ハンバーグ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

肉好きですが、まだひとり焼肉はしたことがない、メシ通レポーターのsenaです。

さっそくですが、こちらはなんばから細い道を入った、ディープな裏なんば。

裏なんば美味しいお店がいっぱいで、最近では外国人観光客の方も長蛇の列に参戦しているのもちらほら。

そんな裏なんばに入ってすぐにある「焼肉 富士晃」に行ってきました。

しかし、今回の裏なんばへの目的は焼肉ではありません。

目的は……まるでユッケ、ハンバーグステーキです!

「焼肉 富士晃」は、夜は焼肉店、お昼はお肉のランチが豊富。

そんな中出てきたのはこちら!

お肉の塊!!

ハンバーグステーキM(160㌘)サイズ(1,100円) ランチのメニューで、サラダとライスとみそ汁付き(1,400円)です。

他にSサイズ(130㌘)(単品900円・セット1,200円)と、Lサイズ(220㌘)(単品1,500円・セット1,800円)があります。

このお肉の塊、つなぎがいっさい入っていないそうです。

お話をうかがうと、

「焼肉店のお肉なので、和牛を惜しみなく使える」

ということです。

なるほど。このお肉の塊は納得がいきます。

牛すね肉(チマキ)が多く入っているそうで、カルビのようにかみ応えがしっかりです!肉、100%!! という感じ!!

富士晃自慢の肉ダレと、もう一種類お好みのタレが選べます。

私はこちらのとろとろ卵&甘ダレ。

女性に一番人気だそう!人気の秘密は甘いユッケダレと卵。

他にも 富士晃 甘ダレ 大根おろしポン酢 わさび&しょうゆ 宮古島 雪塩

など種類が豊富なので、毎回違った味を楽しめる!

さて、それではいただきます。

まずはお肉を焼きます。

このペレットという焼き石で赤身を焼いて食べるので、あつあつ!

見よ!このあつあつの印である煙!!

そして、ハンバーグっていうよりも……

焼肉!!

お肉を焼いて、あつあつを食べる!!

焼肉!!

焼いてすぐに食べるので、

お肉の香ばしい味がしっかりと口の中に広がります。

まずはタレを付けずに、肉本来の味を楽しむのが「富士晃」おすすめの食べ方!

次に肉ダレを付けて!!

この「富士晃」自慢の肉ダレは焼き肉のタレのようで、

「このタレに合わんわけがない!」

という感じ。

そして次は、とろとろ卵&甘ダレを付けて、いただきます!

ユッケ~~~!!

焼きユッケのよう。

甘くて、でもお肉の味もしっかり美味しいです!!

やっぱり、このペレットで焼きたてを食べるから、お肉の味がしっかりと口の中で広がります。

ちなみに、このペレットの温度が下がってお肉が焼けなくなった場合は、あつあつのペレットと交換してもらえます!!

焼肉同様、

「網の交換お願いします~!」

という感じ。

私、ひとり焼肉したことなかったけど、なんとなくできそうな気がしてきた……

ハンバーグステーキの他にもランチメニューたくさん。

・和牛ホルモン定食の醍醐味は肉汁吸ったもやしでしょ!? (サラダ・ライス・味噌汁付 1,000円) ・炭火焼き厚切り豚は! キムチと卵で食べてくださいよ丼(サラダ・味噌汁付 1,000円) ・サシがご飯の熱で溶けてゆく!? 黒毛和牛200gの溢れる溺れるステーキ丼(サラダ・味噌汁付 2,500円)

ランチにがっつりお肉を食べたい方、本当におすすめです!

ハンバーグステーキを食べ終えた時、なんだか私、ひとり焼肉できそうな気がしたのでした。

あ! ひとり焼肉の練習にもおすすめです!


お店情報

裏なんば 焼肉 富士晃

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前12-15

電話番号:06-6646-1296

営業時間:11時~15時、17時~25時

定休日:不定休

ウェブサイト:http://www.ibqlo.com/fujiaki/

※本記事は、2015年4月22日に掲載しています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。


書いた人:

sena

大阪生まれ大阪育ち/詩と小説同じ熱量で書いてます/すきなもの/肉/アイス/わたがし/とおうもろこし

関連記事リンク(外部サイト)

じわじわくる関西出汁の研究 〜「肉吸い」と「かやくごはん」をめぐって〜【料理解析・旅情編4】
【あたたかい寿司】関西の絶品料理!「蒸し寿司」を知っているか【料理解析・旅情編3】
大阪随一のディープスポット味園ビルの「赤狼」で、究極ジビエ&昆虫食!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP