ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衝撃吸収バンパーとクリアパネルが一体となったHTC 10用保護ケース「Orzly FUSION Bumper Case HTC 10」を試す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC 10 用に設計された衝撃吸収バンパーとクリアパネルが一体となった保護ケース「Orzly FUSION Bumper Case HTC 10」を入手したので、早速この製品のレビューをお届けします。「Orzly FUSION Bumper Case」は、TPU 素材のクリアケースとバンパーが一体となった保護ケースです。通常の TPU ケースや薄型ケースよりも保護力が高めで、ワンピース構造を採用しており、単にはめ込むだけで取り付けられます。サイドを覆うバンパーはブラックカラー、背面はクリアタイプなので、HTC 10 の高級感のある外観は損なわれません。HTC 10 は国内でも KDDI より発売されるので、対応ケースも今後増えてくると思われますが、現在、Amazon.co.jp の中でも最も良さそうなケースだと判断して「Orzly FUSION Bumper Case」を選択しました。価格は 1,290 円とそこそこリーズナブルです。HTC 10 用のケースを選択する上で重視したのは本体のデザイン性を損なわないことです。装着した HTC 10 はガンメタルカラーなので「Orzly FUSION Bumper Case」のバンパー部分はケースを付けてもさほど目立たず、イメージどおりの仕上がりだと思いました。スマートフォンにケースを装着する上で重要な要素は持ちにづらくならないかだと思います。「Orzly FUSION Bumper Case」の場合、TPU 素材のバンパーが手にフィットするので、ケースを装着したことで全体の大きさは増しますが、グリップ感は素の状態よりも向上するので逆に持ちやすくなった印象です。結構満足できるなぁと思ってしばらく使っていたところ、ケース内でわずかに HTC 10 が動くことに気付きました。ケースを軽くつまんで縦にシャカシャカと振ってみると HTC 10 がほんのわずかですが、カタカタと動きます。設計が若干甘ったようです。しかし、普段、ズレは感じないので使い続けていくと慣れて無視できるようになります。私はすでに慣れています。Source : Amazon.co.jp

■関連記事
OnePlusは既にスマートウォッチの設計を完了させていた。しかし発売を見送り
Xperiaのアイコンデザインをサークル型のファンシーなものに変更できるアイコンパック「SKULLY CON」がリリース
Sony Mobile、Movie Creator Betaを4.0.B.3.0にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP