ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[PR]PayPalブロガーツアー『Rio by PayPal』レポート 自然と人々の生活に触れるマラペンディボートツアーとハイキング

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2016年のオリンピック開催地として注目の集まるブラジル・リオデジャネイロ。PayPalはモバイル決済で普及が進む“PayPal先進国”ブラジルのリオデジャネイロで、ブロガーツアー『Rio by PayPal』を開催。6月4日のツアーは、リオの自然と人々の生活に触れるツアー内容となりました。


午前中は、マラペンディ・ラグーンでのボートツアー。海岸から内陸に少し入ったこの沼地は、沿岸に住む人々の暮らしと豊かな自然が近い距離で見られるエリアになっています。


乗り込んだ観光船では、ミュージシャンがボサノバを生演奏。リラックスしたムードでゆったりとした船旅が始まります。





沿岸の家々には船着き場があり、船によるラグーンの水上移動が人々の生活に根付いていることが分かります。


人家に野生のカピバラが姿を現すなど、人間の生活と自然が密着している点がユニーク。


少し進むと、マングローブの原生林が。野生のワニが出現することもあり、大自然を身近に体感することができます。




昼食は、船着き場のあるシーフードレストランへ。カイピリーニャを片手にクラブケーキ、シーフードスープなどの魚介類を堪能しました。



午後は“ファヴェーラ”と呼ばれるスラムのひとつで、2012年から政府と警察の介入により治安を取り戻したヴィディガルへ移動します。


坂の上に小さな家々が密集したこのエリアは、多少不安に思いながらも、そこに生活する人々の文化や活気を直接感じ取ることができます。


坂を上りきると、そこにはサッカー場が。さらに奥へ行くと、午後の目的地であるツー・ブラザー・クリフのハイキングコースを進むことができます。



見下ろす街並みを横目に見ながら、山道を進むこと約20分。



小雨の天候がちょっと残念でしたが、海岸と街並みを一望できる頂上へ到達できました。

この日の観光はすべて、昨日と同様にリオの旅行会社、Crux EcoaventuraでPayPal決済により手配したものです。

Crux Ecoaventura|Hiking/Climbing/City tours/Adventure tours|Rio de Janeiro
http://cruxecoaventura.com.br/en/




夕食は競馬場に隣接するレストラン、Rubayat Rioへ。一行は『Rio by Paypal』最後となる夕食を楽しみました。

明日はリオを代表する名所、コルコバードの丘を訪ねます。その日の午後には帰国となりますので、詳細は後日の公開をお楽しみに。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。