体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インドネシア】ジャワ島の世界遺産「プランバナン」が神秘的

インドネシア・ジャワ島の世界遺産といえばボロブドゥール! だけではありません。ジョグジャカルタ市街からほど近いところにあるプランバナンもまた世界遺産の寺院遺跡です。

聖地・プランバナン寺院群の魅力をご紹介しましょう。

聖地・プランバナン

ボロブドゥールだけじゃない!ジャワ島の世界遺産、プランバナンが神秘的

ジャワ島の古都・ジョクジャカルタの市街からほど近いプランバナン寺院群。「トランスジョグジャ」と呼ばれるジョグジャカルタの市内循環バスで簡単にアクセスすることができます。

プランバナン寺院群はマタラム王国サンジャヤ朝のラカイ·ピカタン王あるいはバリトゥン·マハ·サンブ王によって9世紀末から10世紀初めのあいだに建てられたと考えられています。

ボロブドゥールだけじゃない!ジャワ島の世界遺産、プランバナンが神秘的

ボロブドゥールが仏教寺院であるのに対し、プランバナンはヒンドゥー教と仏教の様式が混在した寺院群。ヒンドゥー教と仏教、両者にとって重要な聖地なのです。

ボロブドゥールだけじゃない!ジャワ島の世界遺産、プランバナンが神秘的

プランバナンを建てたサンジャヤ朝は、ボロブドゥールを造ったシャイレーンドラ朝の支配下にあったため、しばしば仏教寺院を建設しシャイレーンドラ朝に寄進していました。

ところが、ボロブドゥール完成後、シャイレーンドラ朝が衰退したことでサンジャヤ朝の勢力が増しました。そして856年、ついにプランバナンの中心寺院である「ロロ・ジョグラン」の建設が始まったのです。

宇宙の原理を体現するロロ・ジョグラン

ボロブドゥールだけじゃない!ジャワ島の世界遺産、プランバナンが神秘的

ロロ・ジョングランはインドネシア最大にして最高のヒンドゥー教寺院。天に向かって端正にそびえ立つ尖塔構造はヒンドゥー建築の典型です。誇り高いその姿には神々しさを感じずにはいられません。

ボロブドゥールだけじゃない!ジャワ島の世界遺産、プランバナンが神秘的

敷地内に立ち並ぶお堂のうち、特に大きなものが3基。高さ47メートルのシヴァ堂を中心に、ブラフマー堂とヴィシュヌ堂が配置され、シヴァ神には雄牛の神ナンディ、ブラフマー神には神馬ハンサ、ヴィシュヌ神には怪鳥ガルーダと、それぞれの神の乗り物を祀る塔が向かいあっています。

ボロブドゥールだけじゃない!ジャワ島の世界遺産、プランバナンが神秘的

ブラフマーは創造、ヴィシュヌは維持、そしてシヴァは破壊を司る神で、ヒンドゥー教における最高神とされています。3つの最高神を祀ることによって、ロロ・ジョングランは創造、維持、破壊という宇宙の原理をあらわしているのです。

それぞれのお堂を覆いつくす躍動感あふれるレリーフも圧巻。

ボロブドゥールだけじゃない!ジャワ島の世界遺産、プランバナンが神秘的

シヴァ堂の外側の回廊には、ヴィシュヌの化身であるラーマがほかの神々とともに悪を滅ぼす様子を描いた古代インドの抒情詩「ラーマーヤナ」の物語も描かれています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。