ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペダステ俳優・植田圭輔でもキツイ!? 舞台『曇天に笑う』稽古でウエスト-7cm![オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現在6月5日まで東京・天王洲銀河劇場で公演中、6月10日、11日には大阪公演も控える舞台『曇天に笑う』。昨年2015年2月に行われた舞台の再演となっている今作は、メインキャラ・曇空丸役に植田圭輔さん、金城白子役に松田凌さんが新キャストとして加わっています。

※すべての画像・動画入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/61168[リンク]


初演から参加している玉城裕規さんや細貝圭さんが、「体力的にもハードな舞台」、「約5週間稽古をしてきてみんな体力的に追い込まれている」と公演直前の会見で語るなど、かなり殺陣やアクションが盛り沢山な今作。途中に15分の休憩はあるものの、3時間の公演中、ほぼ半分、いやそれ以上は戦っているのではないでしょうか。


これには再演から初めて参加した植田さんも、「稽古開始から今日まで、最初に(演出家の)チョビさんがおっしゃった負荷をかけていくという言葉の通り、負荷をかけられっぱなしの1か月ちょっとでした。気がつけば、一番初めに衣装合わせした時よりも7cmくらいウエストが締まってしまうというようなぐらい、いい感じに体が締まってきました」とコメント。

絶対、元から細かったはずなのに、ウエストがマイナス7cm!?

植田さんといえば、舞台『弱虫ペダル』(通称、ペダステ)シリーズで主人公・坂道のライバル、真波山岳をずーっと演じてきている俳優さん。

ペダステは2時間半休憩なしのノンストップ。自転車で走っているレースのシーンは、(車輪もペダルもないので)自分の足で実際に走るか、その場で足踏みしている演出となっています。レース以外のシーンも多くあるものの、それでもけっこう大変そうだな、と思って観ていたのですが……。

そのペダステ俳優をさらに引き締めさせる舞台『曇天に笑う』、恐ろしいです。

舞台の様子はコチラの記事でどうぞ↓
【動画】奥行きある演出に迫力の殺陣! 舞台『曇天に笑う』再演中 曇家三兄弟の生き様を見よ

http://otajo.jp/61047

(C)唐々煙/マッグガーデン

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP