体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特別フライトでお伊勢参り! 『AIR & BUS 成田発伊勢行きツアー』同行取材レポート

01aP6014592_R

ジェットスター・ジャパンとWILLER TRAVELは、ハブ&スポークと称する業務提携をした。

その取り組みの実証として、ジェットスター・ジャパンが東京(成田)発、名古屋(中部)行きの特別フライトを運航し、この特別フライトを利用した1日限定の「AIR & BUS成田発伊勢行きツアー」をWILLER TRAVELが一般向けに販売した。
この実証ツアーの模様を同行取材したのでレポートする。

a2016-06-01 09.16.41_R

成田から中部という超単距離フライトがないわけではない。
しかし国際線乗り継ぎのための便という性格が強くあまり一般的ではない。
この日のジェットスター881便はまさに特別機と言えよう。ただしVIP用特別機ではなく、民間提携による社会実験的な特別機だ。

a2016-06-01 09.22.50_R

「AIR&BUS 成田発伊勢行きツアー」に参加する一般搭乗客と両社の関係者、そして報道関係者が搭乗するGK881便はLCCであるジェットスターの便なので第3ターミナルから出発する。

a2016-06-01 09.23.59_R

この特別機はJA10JJエアバスA320-200型機で運航された。

a2016-06-01 09.29.52_R

搭乗ゲートでは、両社や目的地となる伊勢市からの記念品が入った紙袋が搭乗客に配布された。

a2016-06-01 09.31.28_R

この取り組みは、空港までしか足を持っていない航空会社と、空港からの足を担うバス会社が提携した形となる。
ただし、このツアーはピンクのバスで知られるWILLER EXPRESSではなくWILLER TRAVELという旅行会社が提携して販売するという形を取った。

a2016-06-01 09.37.26_R

日本で直接鉄道が乗り入れている空港は多くない。そのほとんどはバスやタクシーまたはマイカーでの移動となる。しかし、マイカー以外では主に発着するのは都市中心地のターミナル駅で、観光地に直結する交通網はさほど多くない。
そこに目を付けた両社が、空港から観光地へダイレクトに運ぶことにより利便性を追求しようという意図がうかがえる。
この実証により今後は航空会社とバス会社そして旅行会社という形で提携していくことだろう。

a2016-06-01 09.40.41_R

いつもはどの便でも満席近いジェットスターが貸切バスのようなほんわかした雰囲気で離陸を待つ。

a2016-06-01 09.57.16_R

ジェットスターでは、この日片道限りの特別フライトに搭乗した記念として特製の絵馬を配布した。
この絵馬を伊勢神宮に奉納してくださいという意図だろう。離陸前から神社への参拝感が高まる。
いわば、このフライトは伊勢神宮への参道といったところだ。

a2016-06-01 10.13.22_R

機内では抽選会が催され、地上の目的地が全員同じという不思議なフライトならではの光景を演出していた。

aP6014573_R

それでも、機長のアナウンスによる「離陸後41分」というショートフライトでも通常の機内販売やサービスは行われた。
一応念のために確認したのだが、フェリーフライト(航空機の回送)を利用したものではなく、この日のこの時間しか飛ばせなかったということなので、機材繰りに相当苦労しただろうということは容易に察しが付く。

aP6014581_R

この取り組みについて、ジェットスターの高橋里予さんに聞いた。
(写真右・左はCAのこのみさん)

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。