ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【今週公開のコワイ映画】2016/6/3号:清水崇が仕掛ける4DX専用ホラー『雨女』[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

雨女:メイン
今週公開の怖い映画をご紹介します。

今週は、『呪怨』シリーズの清水崇監督が作り上げた4DX専用映画『雨女』が公開に。清野菜名さん、柳俊太郎さん、田口トモロヲさんらが出演する今作は、4DXのモーションを駆使し、35分間に凝縮した体験型ホラー。劇場のみで観ることができる貴重なものなので、これを逃したら観るチャンスがございません! 1500円と値段もお手頃なので、ぜひ劇場にお出かけくださいませ。

それでは今週もいってらっしゃい!

予告編が表示されない方はホラー通信でご覧ください

『雨女』  6月4日公開

<ストーリー>
憂鬱な気分になる雨の日――。
その夢は、繰り返された。

雑貨店で働く理佳。男手ひとつで育った彼女は、女としての自分に自信が持てない。
恋人である隆の浮気を疑いながらも言い出せず、煮え切らない日々を送っていた。そんな彼女を、更に憂鬱にさせるのは“雨の日”に必ず見る悪夢。—大雨の中、踏切に佇む女の子。その前に現れるびしょ濡れの黒い服の女は、男の子を大事に抱いたまま、電車に轢かれてしまう。
見覚えのない3人…。理佳は、この黒い女を「雨女」と呼んでいた。

ある日、鬱屈した思いを引きずったまま店の仕事に勤しむ理佳の目の前に、男の子を連れた黒い服の女が現れる…美しく若い母親。どうやら有名なモデルだという彼女の名前を聞いて、言葉を失う理佳……それは、恋人・隆のスマホによく掛かってきている女の名前。疑心にかられ、隆のスマホから盗み書きした女の番号に電話をかける理佳…。着信音が鳴り、電話口に出た女の声は…!?

そんな矢先、恋人の隆に「雨女」とからかわれ、唖然とする理佳…。
デートの度に雨が降るのは何故?自分のせい?いつものあの夢は?あの黒い女は…?
繰り返す“「雨女」の夢”に魅入られ、翻弄されていく理佳…。

果たして何が現実で、何が夢・幻なのか…!?  「雨女」とは何なのか?

上映館:ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国
この映画の記事:清水崇が4DXを徹底研究! 五感を刺激する体感型ホラー『雨女』主演・清野菜名
リンク:映画公式サイト

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。