ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファンを魅了し続ける彼女の色気は止まらない…… グラビアアイドル・平塚奈菜さんにインタビュー!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


下町のマリリン・モンローというキャッチコピーの通り、30歳を過ぎても大人の色香で多くのグラドルファンを魅了する平塚奈菜さん。

今回、最新イメージDVD&Blu-ray『美艶-Bien-』が発売されたということで、新作についてとご本人について詳しいお話を伺ってきました。

――今回のDVDの撮影はいかがでしたか?
平塚さん:楽しかったですね。サイパンは初めてだったんですけど、仲の良いスタッフさんだったので撮影は順調でした。

――撮影は何日ほど?
平塚さん:丸二日でした。朝から夜までで。

――オフの日はありました?
平塚さん:撮影が終わってサイパンから日本へ帰る日に、夕方まで時間があったんですけど、一人で朝一でビーチに行って、地元の人と喋ったりしましたね。

――注目してほしいシーンはありますか?
平塚さん:好みなんですけど、どうだろうな……(笑) でも、洗車シーンははじめてでしたね。グラビアの撮影ではオーソドックスなんですけど、今までしたことなかったので、はじめての部分を見せられるかなと思います。

――お気に入りの衣装はありましたか?
平塚さん:紫色の衣装は好きですね。この衣装が好きって言ってくれる方も多いので。

――パッケージ裏の「綺麗で上品なお姉さんと過ごす至極の時間をお楽しみください」って凄いキャッチコピーですね。
平塚さん:こういうの本当に困りますよね(笑) グラビアでの平塚奈菜のイメージはこうしてもらってるかもしれないですけど、実際は全然違うので。こう言われちゃうと「ひやあぁー!」って(笑)

――いやいや、そんなことないですよ(笑)
平塚さん:綺麗とか上品とか言われちゃうとホントに荷が重いです(笑)

――ちなみに、平塚さんにとって「至極の時間」は?
平塚さん:私は、家にいてイヌやネコと遊んでたり、漫画読んだり、結構インドアなんですよね。録りためてたバラエティを延々と見てたりするし。

――部屋にこもってることが多いんですね。
平塚さん:アウトドアなイメージが多いみたいなんですけど、そうでもなくて。誘われたら出歩くって感じで。

――基本的にはインドア生活と。
平塚さん:そうですね。いっぱい寝るし。11時くらいに寝ますね。

――早いですね!
平塚さん:早いです。11時くらいに寝て、8時くらいに起きます。

――規則正しいですね。睡眠が好きっていう人には、12時間くらい寝たとか、長く寝たって仰る方がいますけど、そういう経験は?
平塚さん:わたしも長く寝れるんですけど、朝早く起きたいんですよ。休みでも休みじゃなくても、8時くらいに起きたくて。

──休みでもですか?
11時に起きるのと8時に起きるのでは違うので。寝るのは好きだけど、長く寝ることはあまりないですね。

――なるほど。それから漫画もお好きということですが、どんなマンガを?
平塚さん:少女漫画を読み尽くして、少年漫画に行ったんですけど、やっぱり少女漫画に戻ってきました(笑)

――では、今は少女漫画が中心ですか?
平塚さん:そうですね。高校生とかの学園モノの漫画が多いので、そうじゃないのも読もうとしてます。結構大人向けの漫画とかも増えてきてるので、そういうのも読んでます。

――ちなみに、最近の自分の中でのヒット作は?
平塚さん:なんだろうなー……。有名なやつだと『アオハライド』とか。あの辺は好きですね。

──では、今までの人生で一番の漫画は?
平塚さん:うーん、『NANA』かな。なんでかっていうとまだ終わってないから気になるっていうところがありますね。

──ちなみに平塚さんとのお名前の関係性は?
平塚さん:ないです(笑) でも、矢沢あいさんの新作の漫画が出るってなって、主人公が「ナナ」っていう名前の女の子二人って知ったときはめちゃくちゃテンション上がりましたね。そういうのもあって、一番好きかなって思います。

――では、少年漫画だとどんなものを?
平塚さん:『NARUTO』です! 少年漫画では『NARUTO』が一番好きですね。その他にも『GANTZ』とかも読むし、ジャンプ系が好きですね。

――なるほど。話は変わりますが、平塚さんといえばその大きな胸が魅力ですが、いつ頃から大きくなりましたか?
平塚さん:女子校だったんですけど、中学生のはじめ頃はガリガリだったんですよ。胸とか成長しないだろうなって思うくらいだったんですけど、中3くらいから急に増えだして。年々1カップずつくらい上がって、いつの間にか大きくなってました(笑)

――大きくするためにやったこととかは?
平塚さん:ガリガリだったときに、これはちょっとマズイと思って、胸の前で手を合わせる運動が中2のときに流行ってたのでそれをずっとやってたんですよ。それの効果だと自分では思ってます(笑)

――そういう努力もされていたんですね。
平塚さん:繋がるか分からない、微々たる努力はしていました(笑) あと、キャベツとか豆乳とか唐揚げとか、そういうのも摂取するようにしてました。

――ちなみに、学生生活はどのように過ごされていましたか?
平塚さん:ずーーーっと部活やってました。器械体操部だったんですけど、朝5時に起きて朝練行って、授業受けて、午後は部活やって。バイトだめだったんですけどたまにバイトもやって(笑) 学生時代は部活に捧げてましたね。女子校だから恋愛もないし。

――その過程の中でいろんなものが成長されていったと。
平塚さん:そうですね。そして持てあますという(笑)

――胸関係で言うと、平塚さんのTwitterでは『谷間は奈菜センチ』というハッシュタグがおなじみですが、アレはいつ頃から始められたんですか?
平塚さん:アレは結構前ですね。覚えてないくらい前ですね。ブログで調べれば分かると思います。
(※取材後に筆者が調べてみたところ、5年前の2011年7月でした)

――ちなみに、名前とかけてらっしゃいますが、本当に7センチなんですか?(笑)
平塚さん:いや、たぶん7センチ以上あると思います(笑)

――(ジャケットを確認して)……ありそうですね。
平塚さん:たぶん、あると思います。これってファンの方が付けてくださったもので、水着を載せるときにキャッチフレーズみたいなものを作りたいって募集をかけて、いただいた中から選んだものなんです。

――それと、平塚さんといえばDVDが発売されると店舗巡りをされていますけど、始められたきっかけは?
平塚さん:今、DVDってネットで普通に買えるし、ネットでのランキングが大きかったりするんですけど、店舗で買うっていう人もいると思うんです。

――そうですね。
平塚さん:ネットでは私はどうにも出来ないので、店舗に行って、そこでちょっとでも目に止めてもらえるようにしたいなって。自分で出来ることはなにかって考えたときに、店舗巡りをやってみようと思いました。本当は全国行きたいんですけど、手段がないっていう(笑)
     なので、最初は都内からやってみようと思って、自分で入荷しているお店を調べて連絡して行ってみたり。連絡しないで行っちゃうと店員さんから「え、誰?」って思われたり(笑)

――グラビアアイドルでこういうことをされてる方って、あまり聞かないですからね。
平塚さん:そうなんですよ。いると思ってたんですけど、あまりいないらしくて。でも行ってみると、このお店ではこういう子をプッシュしてるなとか、いろいろ分かるのでいい経験ではありますね。

――されている方ってあまり聞かないので、なかなか革命的だと思いますよ。
平塚さん:本当ですか?(笑) まあでも、事務所の方に言われてやってくるっていう人はたまにいるらしいんですけど、自分で勝手に行ってPOP書いていくっていうのはあまりないよとはお店の方から言われました(笑) でも店舗行ったりするのも、自分でPOP書いたりするのも楽しかったです。

――今回のDVDでもやられているんですか?
平塚さん:はい。6店舗まわりました。

――ネットでも、なにかやってみようって考えたりは?
平塚さん:ネットはちょっと分かんなくて……。ランキングがどうなっているかも分からなくて。

――やっぱりTwitterでつぶやくとか?
平塚さん:それくらいしかできないですね。ネット関係にはちょっと疎いので、Twitterもやっとハッシュタグの付け方が分かったくらいなので、なかなかできないんですよ。だからちょっとアナログな方法をとったっていう(笑)

――なるほど。それでは、今後こういう撮影に挑戦してみたいっていうものはありますか?
平塚さん:いっぱいありますよ。古い温泉旅館とか、田舎のおばあちゃんの家みたいなところとか、雪山とか。

――雪山!? 雪山で水着ってキツくないですか?
平塚さん:キツいですけど、それがやりたいです。あとはジャングルとか、廃墟っぽいところとか。

――いろいろありますね。
平塚さん:少数派の人がみたいものっていうのが絶対あると思うんですよ。それがやってみたいです。

――たしかに、見たいっていう人もいると思います。
平塚さん:ちょっと挟むくらいでもいいんですよ。分かんないですけど、全部だと見てられないと思うので(笑) あと、逆に東京のど真ん中とかでも撮ってみたいです。

――ど真ん中ですか?
平塚さん:秋葉原とか、スクランブル交差点とか……。絶対怒られますけど(笑)

――いつかそんなシチュエーションでの平塚さんが見れることを楽しみにしています(笑)
それでは最後に、読者の方にメッセージをお願いします!

平塚さん:30歳を過ぎてもグラビアをやらせていただいているっていうのが、自分でも続けてるって思ってなかったので、いろんな意見があると思うんですけど、それでも見てくれる人がいらっしゃるので、そういう人が楽しめるように、飽きないようなことができればなと思います。

――ありがとうございました!

まだまだグラビアへの強い意欲をみせる平塚さん。今後も様々なシチュエーションに立ち、我々ファンにその色香をみせつけ、魅了させてくれることでしょう。

平塚奈菜さんのグラビアイメージDVD&Blu-ray『美艶-Bien-』は、グラッソより現在発売中。

※画像は『美艶-Bien-』より公式提供のもの

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 櫛名凌) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP