ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

布袋寅泰、ヨーロッパで絶大な人気を誇るズッケロとコラボレーションライヴ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月28日と29日に六本木ヒルズにて『日本イタリア国交樹立150周年記念イベント ITALIA AMORE mio!』が開催された。その初日となる5月28日(土)、六本木ヒルズアリーナにて布袋寅泰が、イタリアで最もセールスを記録した人気ミュージシャン、ズッケロとコラボレーションライブを開催、会場には、大勢のオーディエンスが駆けつけ、ブースで販売されたワインやフードを片手にステージを楽しんだ。

日本とイタリアの150年間にわたる友好関係を祝福すべく初来日したズッケロ。昨年、ズッケロのアルバム『Black Cat』のレコーディングに布袋が参加した縁で共演が実現。普段はヴォーカリスト兼ギタリストとしてセンターで歌唱する布袋だが、ローリング・ストーンズのライブへのゲスト出演以来といえる、ギタリストに徹したプレイを聞かせてくれた。

オープニングは最新アルバム『Black Cat』に収録された「Partigiano Reggiano」。そして、布袋がレコーディングにギターで参加した「Ti Voglio Sposare」が続く。ソウルフルでブルージーなズッケロの歌声と、布袋のシルバーに輝くゼマティス・ギターによるプレイは相性が良かった。

布袋はMCで、ズッケロのイタリア語によるトークを「日本に来てとても嬉しい。イタリアにもこんなにかっこいい男はいないぞ、生まれ変わったら布袋になりたい、……なんて言ってませんけど(笑)」と、翻訳して話そうとするなど、ジョークでも会場を沸かせた。

3曲目は、ズッケロがエリック・クラプトンとイギリスのロイヤル・アルバート・ホールで共演した際に披露した哀愁漂うバラード「Hey Man」、渋みを感じさせるせつなポップな「Senza Una Donna」で会場を魅了していく。初夏の風が心地良い屋外ステージだ。

5曲目に披露されたダンサブルなポップチューン「Baila(Sexy Thing)」は、イタリアで1位を記録した人気チューンということもあり、共に歌い踊るオーディエンスが多かった。続く「Diavolo In Me」は、イタリアで最高の800万枚のセールスを記録したアルバム『Oro, incenso & birra.』に収録された人気チューンだ。賛美歌のような荘厳なイントロ・フレーズから、一変してファンキーでダンサブルなポップソングによってフロアの熱量も最高潮へ。

ラストは、カナダのロックバンド、ステッペンウルフの1968年発売の人気曲のカバー「Born To Be Wild」を、ツイン・ヴォーカルで大団円を迎えたステージ。両手で固い握手を交わしていた布袋とズッケロの姿が印象的だった。イギリスへ活動の場を移し、海外展開を続ける布袋寅泰のフットワークの良さ、そしてワールドワイドな交流を垣間みた夜だった。

Text:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

Photo:外山繁 / Shigeru Toyama



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP