ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メーサイでみつけたタイヤイ族の料理『カオレームフーン』

  • ガジェット通信を≫



ข้าวแรมฟืน カオレームフーン
タイヤイ族のビーンズケーキ

前回と同様、メーサイで撮った写真より。

夜のメーサイの屋台で、ちょっと変わった料理を見つけた。一見普通の麺料理の屋台のようだけど、よくみたら下の看板に見慣れぬ表記が。調味料と野菜が置かれていて、おばちゃんが掬って入れ掬って入れしていた。

うーん、どうやら「カオレームフーン」という名前のものらしい。気になる〜!!
気になったら臆せず頼んでみるのが「街かどタイ料理道」というもの!(「道」だったのか!?)


どうやら豆の澱粉を、ところてんのように固めたものらしい。豆由来だけど、にがりを使ったりはしていないようで豆腐とは全然違う。豆乳をどんどん煮詰めて、煮詰め尽くしたものを切り分けている感じ。


注文すると、おそらくピーナッツのペーストであろうソースと野菜を入れ、適当に調味料を混ぜ入れて渡してくれた。

いちおう料理を受け取ってから聞いてみたけど、これはなに?と聞くと「カオレームフーンだよ」と。どこの料理?と聞くと「タイヤイ族の料理だよ」と。 シンプルに答えてくれた。

タイにはいろんな少数民族がいるけれど、その中の一つ、シャン族(=タイヤイ族)の料理がこれらしい。

うーん、山岳民族の料理だったのか〜。なんか貴重な気がする!!


そんなわけで、手に取ってみたのがこちら。ちょっと周りが暗いので変に青みがかって見えるけど…。実際はもっとクリアな黄色だった! いくつか種類があって、米・芋・大豆由来のものがあった。迷ったけどとりあえずスタンダードっぽい大豆(ถั่วเหลืองトゥアルアン)をチョイスした。


うーん、感触はカノムチンをもっと軟くした感じかな?。落花生仕立てのソースが効いた、こってりした味わい。具や出汁もカノムチンに似ている気がした。

後日、日本に帰ってNHKを見ていたら、「コウケンテツが行く アジア旅ごはん」というアジアを旅してその土地の家庭料理を紹介する番組をやっていたけど、その中で紹介していた「中国 ナシ族の名物『鶏豆涼粉』」に、この料理がすごく似ていた。 ナシ族の鶏豆涼粉は特産の鶏豆というのを使うようだけど、タイヤイ族のカオレームフーンは普通に大豆や落花生、芋を使う。材料の違いはあるけれど、製法は似ている気がした。

(鶏豆涼粉の写真が載っているサイトはこちら。見た目は似ているけど、味は全然違うっぽい。)

また、つい最近タイで「カオレームフーン」を紹介した番組があったみたいで?Youtubeで見ることができた。全部で25分あるので時間かかるけど…。詳しくメーサイで料理が売られるようになった経緯を説明しているみたい。 ブログでは夜市で売っていた料理を写真に撮ったけど、ちゃんと有名な老舗専門店もあるらしく、そちらも動画の中で紹介している! 興味のある人は見てみてね〜!

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP